その他の地域の水族館

2013年8月12日 (月)

ブログ開設の御挨拶

なぜ水族館が好きになったのか?深層心理は解りませんが魚が好きで海が好きというのは子供の頃から会ったと思います。よく言われる事ですが、水塊を見てると心が和みます。だから私は基本的に大水槽が好きです。家で魚を飼うのも素敵だと思いますが、世話が出来ないので水族館に見にいきます。大型魚は変えないですしね。
最近は水族館そのものももちろんいいのですが、旅のきっかけという側面もあります。旅の楽しみといえば食べ物ですよね、水族館は海が近いので海産物が美味しいところもあります。江ノ島水族館の周辺には生しらすを出す店がけっこうありまして美味しいです。とはいえ水族館のレストランはそんなに充実してなかったりするので、町まで出た方がいいかもしれません。名古屋港へ行ったときは名古屋まで出てひつまぶしを食べました。店が解らないので名鉄百貨店の食堂街を私はよく利用します。ここにはひつまぶしもきしめんもみそ煮込みもあるので。海遊館もけっこう店が充実しているので近くで食事が出来ます。ここには浪速食いしんぼ横町という食堂街があって大阪で有名な自由軒のカレーやオムライス発祥の店といわれる北極星のオムライスも食べられますもちろん御飯時は満員です。がまっていればけっこうすぐ入れます。本店じゃなきゃ意味が無いという人はべつですが、一応本店と同じ物らしいです。個人的にはどちらもめちゃくちゃ美味いとは思いませんが、旅の思いでにはなると思います。もちろんお好み焼きもあります。面白いのは琵琶湖博物館。ここではブラックバス天丼がたべられます。味は正直美味しくはないですが(まずくはないですが、味が薄い・・・)、珍しいので食べてみたら話のネタになると思います。他にも近隣の名物が多く、おすすめです。