« MBSラジオ08年秋の改編タイムテーブル発表 | トップページ | 「スカイハイ」って »

2008年10月 5日 (日)

MBSラジオ08年秋の改編番組

仕事の嵐もそろそろ過ぎ去ろうとしているのですが、MBSラジオ08年秋の改編の番組をざっと聞けるだけ聞いてみました。
毎度の事ながら呆れるのですが「ゴチャ・まぜっ!」だけは2週目から新メンバーというズレた対応が続いています。「ゴチャ・まぜっ!」が完全終了の時はどうするんでしょうね?最終回パーソナリティの挨拶無しにするんでしょうか?まあそういうのも過去にありましたからね。この「ゴチャ・まぜっ!」の対応はホントリスナーを大事にしてないなあと感じさせます。

まずは注目の「JUNK ZERO」。個人的にはあんまり合わないなあと思いました。なんかラジオは東京系の番組は合わないものが少なくないです。なんとなく、俺たちの笑いの解るヤツは笑え的な内輪感を感じてしまいました。まあこれは出来上がってる番組を聞くと、どんな番組でも多少の外様感は感じるので仕方ないとこもあると思います。ということで個人的におなじみのケンコバさんの「てめおこ」(いつか言っちゃいそうな気もしますが・・・録音だから切れるか?)以外はあんまり興味が湧きませんでした。時間的余裕があれば聞こうかなと思います。でもこれ4局ネットが26局ネットになったらしいですね。その影響もあっての生放送から録音番組になったんでしょうか?固定スポンサーも付いていないようですし、こうなるとTBSラジオの戦略なんでしょうか?「JUNK」本編のネット拡大への布石?

そして謎の番組「モーニングミックス」。謎の番組といいながらだいたい察しはついていましたが、まあ「JUNK ZERO」と「朝いちばん!豊島美雪です」の間が空いたので繋いだって感じの番組です。ただ、この番組を担当するのが斎藤裕美アナと大吉洋平アナの新人アナコンビというのが思い切った感じです。まあ、この時間帯だから新人にやらせとけってなもんかもしれませんが、曲をかけてフリートークというスタイルのようですので、割と自由に出来て、場数を踏むにはいいんじゃないかと思います。でも新人の両アナにとっては嬉しかったんじゃないかと思います。新人の時にサポートじゃなくて割と自由にやれる仕事一本まかされるのって嬉しいんですよね。

「MBSサウンドキングダムー音楽王国ー」では月曜の岩崎愛さんが卒業。でもこれは東京進出が理由とのことで、そういう訳なら卒業という名の降板ではなく、本来の卒業っていう感じですね。まあ今の世の中どこででもアーティスト活動は出来るとは思いますが、こういう仕事で名を上げたいならやっぱり東京に行ったほうがいいんでしょうね。前半の「MBSサウンドキングダムー音楽王国ー」では割と普通な感じでしたが、「DEEP」ではちょっとウルッと来たみたいです。凱旋ゲストを期待したいですね。

「イマドキッ」土曜日はメンバーが変わりましたが、新メンバーのローラ・チャンさんがしゃべるしゃべる・・・メンバーチェンジで初回からあれだけしゃべる人は珍しいですね。ただ、上手なんですけど日本語がやはり少しおかしくて頭がクラッとします(笑)。でも積極性はいいですね。もう一人の新メンバーの望月うららさんは頑張らないとしゃべるとこが無くなりそうです。でもちょっと驚いたのは残ったメンバーの 小倉優子さん、 桜井裕美さん、藤田志穂さんがローラ・チャンさんが飛ばしても、悠然といつものペースでしゃべっていた事です。この番組始まった当初はオープニングの10分のフリートークが続かなくて大丈夫かいなと思ったものですが、慣れてくるもんですね。ちょっと余裕を感じました。

「INO−KONボンバイエ」など、まだ始まっていない番組、登場していないパーソナリティもいらっしゃいますが、ぼちぼち聞いていこうと思います。

« MBSラジオ08年秋の改編タイムテーブル発表 | トップページ | 「スカイハイ」って »

コメント

いつもありがとうございます。
JUNK ZERO は、あまりよくなかったみたいですね。
ケンコバさんの放送なら、一度聴いてみてもいいかなと思いますが、他の曜日はメンバーを見ただけで、自分が聴く番組じゃないなという感じです。
新人アナウンサーさんの番組は、30分の空白?を埋める偶然の産物のようですね。
まだ聴いていませんが、結構いいかも知れませんね。
「大人のわがまま」は、いきなりのナイター延長55分おしで、放送が始まる寸前に寝てしまいました。

MBSも少し迷走ぎみの様子ですね。
「ラジオの達人」は3年で終了しましたが、ラスト1年ぐらいは明らかに番組へのメールの数が増えていました。
特に阪本さん藤井さんの火曜日は、出来る限りメールを紹介するので、よく分かります。
番組自体は、まずまず成功だったのではないでしょうか。
だから余計に「編成部が勝手に番組を決める」と阪本さんは言いたかったのでしょう。

MBS深夜は最低あと1年半ぐらいは、若者路線で行くでしょうね。

達人さんコメントありがとうございます。
「JUNK ZERO」良く無い訳じゃないんですけど、馴染みが薄いのでピンと来ないって感じですね。耳に馴染んでくれば、また違ってくるかもしれません。
「モーニングミックス」は今週も少し聞いてみましたが、言葉使いや言い回しなど正直ちょっと粗い感じはします。でもご愛嬌って感じです。素人が上から目線っぽくて恐縮ですが、そうやって経験を積んでいいしゃべり手になればいいと思います。
阪神は優勝を逃してしまいましたが、まだしばらくナイターの延長は続くんでしょうかね。

「ラジオの達人」って3年もやってましたか。あの番組はあんまり聞いてはいませんでしたが、深夜に聞くにはまったりといい番組だったと思います。馬場さんはじめ、ラジオでは声に馴染みのある人ばっかりでしたしね。あの時間帯は聴取率は測定不能が多い時間帯と聞きますので、人気があったかどうかは数字的なところでは解りませんが、阪本さんのおっしゃることも解るような気がします。特にMBSラジオは言うほどリスナーを考えてやってない気もするんですよね。でもまあリスナーとしては流してる番組聞くしかないですからねえ。出来る事といえば嫌なら聞かないことくらいでしょうか。大きく聴取率が下がれば別なんでしょうけど、大した効果も無いとは思うんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MBSラジオ08年秋の改編番組:

« MBSラジオ08年秋の改編タイムテーブル発表 | トップページ | 「スカイハイ」って »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ