« 八木アナ一喝 | トップページ | 生きている音 »

2008年11月14日 (金)

日常のラジオ

今朝のABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」を聞いていると薬物使用から立ち直ったらしいリスナーさんのお便りが読まれていました。半分寝ながら聞いていたので詳しい内容はハッキリとは覚えていないのですが、少年院か何かに入られていて、出てから10年くらい経って今は家業を継ぐため頑張っていらっしゃるとか。「らららクッキング」を見ながらご両親に料理を作ってあげると涙を流して喜ばれたというようなお話でした。

すごく朴訥な感じの文章で、正直申しまして上手い文章とはいえないと思ったのですが、なんか思いがダイレクトに文字になっているようで聞いていて感動してしまいました。寝ぼけながらじゃなくてもっとしっかり聞きたかったお便りでした。お便りを送られたリスナーさんにとっては「おはパソ」は友人のような近さで日常の一部みたいになってるんじゃないかと思いましたね。ラジオに対してそういう感情を持って聞いているリスナーさん、特に「おはパソ」のような番組にはけっこういらっしゃるかもしれません。

« 八木アナ一喝 | トップページ | 生きている音 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常のラジオ:

« 八木アナ一喝 | トップページ | 生きている音 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ