« 矢野輝弘、世界を知った特別な一年 | トップページ | 個人的に2008年のラジオを振り返る »

2008年12月30日 (火)

オールザッツレディオ2008

近年の年末恒例でMBSテレビの「オールザッツ漫才」の裏でMBSラジオで放送されている「オールザッツレディオ」が今年も放送されました。「オールザッツ漫才」は大阪では年末恒例の番組で、MBSのUSJスタジオから朝までぶっ通しで漫才などを生放送するお笑いファンの注目度が高い特番なのですが、出演者にはMBSラジオに出演している芸人さんも多く、同時にラジオも生放送でやってしまおうっていう感じで掛け持ち的に「オールザッツレディオ」が放送されています。例年はドライブしながらラジオを聞いたりしていたのですが、今年は車も処分したということで新しい聞き方にチャレンジしてみました。それはテレビの「オールザッツ漫才」を見ながらラジオの「オールザッツレディオ」を聞くということです。けっこうコレをやってるリスナーさんは多いと聞くのですが、どんなもんなのかな?と思ってやってみました。

八木アナが進行役を務め、「ゴーJ!」やら「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」やら昼夜問わずいろんなラジオ番組に出演している芸人さんやネタが終わった芸人さんが入れ替わり立ち替わりでラジオブースに入られていたのですが、正直がっちりラジオを聞きながらテレビを見るっていうのは難しいですね。音がゴチャゴチャになってテレビもラジオも何のこっちゃよく解らない状態でした。ということでラジオ好きの私としてはラジオメインでテレビの音量をグッと落として画面を見ながら耳はラジオに集中っていう感じで聞いていました。

まあ、集中して楽しみたいなら、どっちかにしておいた方がいいかな?と思いましたが、テレビとラジオの絡みの面白さっていうのもやっぱりありまして、テレビのCM明けにラジオブースがチラッと写って三浦マイルドさんがテーブルに寝転んでるくだりでは、テレビのCM中にラジオでは「CM明け写るで!!」みたいな感じで実況的に放送されていて面白かったです。あと、テレビの画面見ながらラジオでちょろっとイジったりするのも画面を見ながらの方が面白いですね。

MBSラジオをよく聞いてるリスナーとしては、もう「ゴチャ・まぜっ!」では聞けないケンコバさんと友近さんのコバ近コンビが久しぶりに聞けたり、八木アナが旦那さんが浮気してるかもとかイジられている時のリアクションが妙にかわいかったり、「丑バラ」以来のフリーメンソン(シャンプーハットのてつじさんをはじめとするつけ麺好きの芸人の秘密結社!?らしい)の方々や、しげおBOYS(サバンナの高橋さんの軍団!?)の方々のラジオが聞けたり、テレビではやれなかったとやらの天津木村さんのエロ詩吟が聞けたり、普段ラジオであまりない組み合わせのトークが聞けたりと楽しい放送でした。
土肥ポン太さんは「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」でのちょっと・・・なエピソードを披露されていましたが、なかなかチャレンジャーですね。まあ、他の番組でも(「ゴー傑P」だったかな?)聞いた事はあるような話でしたが・・・番組サイドが真に受けずレギュラーが続くことを祈ります。

« 矢野輝弘、世界を知った特別な一年 | トップページ | 個人的に2008年のラジオを振り返る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールザッツレディオ2008:

« 矢野輝弘、世界を知った特別な一年 | トップページ | 個人的に2008年のラジオを振り返る »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ