« 中島みゆきさんだあ | トップページ | なんか「魂ラジ」リスナー多い気がしたなあ »

2008年12月 9日 (火)

久しぶりにラジオで聞く角淳一さんの声

今週のMBSラジオ「上泉雄一のFANFANレディオ」はしゃべり手としゃべろうというスペシャルウィーク企画で、今日は角淳一さんでした。角さんの声をラジオで聞くのは、いつぞやの鶴光さんの新春特番以来かもしれません。

いろいろと面白い話もあったのですが、一つさすがだなと思ったのは、生放送中に携帯電話がかかって来たのですが、それに角さんが出た事です。生放送中に携帯をオンにして、なおかつそれに出るなんていう行為は御法度中の御法度なんですが、それにさらっと出るのは「ヤングタウン」、「すみからすみまで」と長くラジオの第一線を走ってこられた角さんだなあと思いました。生放送のこういうハプニングは出た方が面白くなるんですよね。出た後で早速、なんの電話かをクイズにしてリスナーさんから答えを募っていらっしゃいました。こんな風に話が広がるもんなんですよね。後からおっしゃっていましたが、どこからかかって来たかを見て瞬時に後の展開を考えた上で面白そうだと出られたらしいです。さすがラジオのノリを熟知されている方だなあと感じましたね。

あまり知らなかったのですが、ラジオでアナウンサーが大阪弁でしゃべるようになったのは角さんがきっかけだったとか。その話から興味深い話をされていました。角さんは阪神大震災の時、大阪弁ではなく、共通語でしゃべったことに挫折感を感じたそうです。こういう時にこそ大阪弁で語りかけなければならなかったのではないかと、ラジオの本質はそうじゃなかったんじゃないかと大反省されたそうです。なるほどなと思いました。

ラジオで無邪気にしゃべるのは難しいというお話もあって、角さんが思うには明石家さんまさんの「ヤングタウン」が一番無邪気だそうです。解らなくはないなと思いましたね。

ぶっちゃけ話もあって、昔はフリーへのお誘いもあったらしいですね。今日の話ではABCから出演交渉もあったとか。局アナなのを知らなくてタレントと思って電話がかかってきたらしいです。

角さんと鶴光さんの「MBSヤングタウン」木曜日は私のラジオ歴の原点みたいな番組で、想い出深いパーソナリティなのですが、テレビでは今も活躍中ですが、個人的にはやっぱりラジオで聞く角さんの声は格別な思いがありますね。

« 中島みゆきさんだあ | トップページ | なんか「魂ラジ」リスナー多い気がしたなあ »

コメント

もうぷいぷいは、西さんや上ちゃんに任せて、
またラジオをやって欲しいです・・・。

とくながたかのりさんコメントありがとうございます。
そうですね。角さんにはラジオやってほしいですね。でも話を聞いているとどうもご本人はもうひとつ気が乗らなさそうな雰囲気ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにラジオで聞く角淳一さんの声:

« 中島みゆきさんだあ | トップページ | なんか「魂ラジ」リスナー多い気がしたなあ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ