« 井上アナVS浅越ゴエさんアナウンス対決 | トップページ | エミークリスマス »

2008年12月 8日 (月)

上泉雄一アナVS宮根誠司さん

MBSラジオのスペシャルウィークが始まりましたが、マンデースペシャル枠で『FANFANレディオスペシャル「上泉雄一VS宮根誠司〜しゃべり手としゃべる」 上泉と宮根のウダ話』という番組が放送されました。
まあ、もはやフリーの宮根さんが出演されても不思議でもないのですが、そういえば宮根さんはABCの局アナ時代にもMBSラジオに出演されていましたね。
CM無しBGM無し、曲もエンディング1曲だけの60分ぶっ通しでしたが、ゆる〜い感じのまさにウダ話という感じでなかなか面白かったです。

全般的に関西放送局ネタの内輪話的なものが多かったのですが、大月アナと柴田アナでラジオなんて話がありましたが、どうかなあ?関西民放各局局アナ+局アナ出身フリーアナのアナウンサーサミットは面白い企画案だと思いますけどね。
角さんが上泉さんにおっしゃったらしい「俺は二人いらんで」っていう言葉、どういう意味かはよく解りませんが、深い気がしました。
また、乾さんが宮根さんにおっしゃったという「お前の若さでコケてもリポーターには戻れんぞ」っていうのも、なんか深そうな気がしましたね。

メディアとしてラジオを持っているMBSとABCを持ってるのは大きいっていう話がありましたが、そうかもしれませんね。また予算的な問題も含めてラジオみたいなテレビがこれから増えるっていう話もありましたが、そうなのかもなあと思いました。
今週の「上泉雄一のFANFANレディオ」は角さんや梅田淳さん、再び宮根さんに読売テレビのMアナなど様々なしゃべり手としゃべる企画のようです。なかなかゆる〜い面白そうな企画ですね。

« 井上アナVS浅越ゴエさんアナウンス対決 | トップページ | エミークリスマス »

コメント

はじめまして。
長野県民のくせに、東海ラジオやTBSラジオを聴くわたしです。
>宮根さん
「ミヤネ屋」でしか存じ上げないのですが、アナウンサーの他流試合が関西は多いんでしょうか?
>アナウンサー他流試合
関東のラジオで伝説的なのは、ある年の4月1日に、TBSラジオの松宮一彦アナの番組に、真裏のニッポン放送の上柳アナが裏番組「ファンファントゥデー」の音源(ジングルとか)をわざわざ持ってきて、「TBSでサーフを聴くんだ♪」と期待したリスナーは、「♪ファンファントゥデー」というジングルを聞いてひっくり返る…という伝説がありまして。
伊集院さんの「日曜日の秘密基地」で取り上げられ、誰か証人はいないか(松宮アナは故人なので難航した)と探した結果、上柳さんがTBSに再度降臨されたことがありました(笑)
熱く語ってしまってすみません(^^;

まゆさんコメントありがとうございます。
こちらこそはじめまして。
長野は山が多そうですが、遠距離で電波が入るんですか?(山だから入るのかな?)
こういうブログをやっていますと、いろいろな土地のラジオ好きの方のメッセージがいただけて楽しいです。
それにしても長野の方が宮根さんをご存知な事が驚きです。全国ネットの威力ですね。
関西でも局アナの他局への出演は滅多にありません。極めて珍しいケースです。まあ、それこそニッポン放送でいうところの上柳さんクラスの人気アナが、何年かに一度あるくらいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上泉雄一アナVS宮根誠司さん:

« 井上アナVS浅越ゴエさんアナウンス対決 | トップページ | エミークリスマス »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ