« 驚いた・・・MBSラジオ2009春のタイムテーブル | トップページ | 「魂ラジ」でも打ち切りあるんですね »

2009年4月 6日 (月)

悪夢再び・・・「ゴチャ・まぜっ!」「イマドキッ」週末移動

MBSラジオの2009春のタイムテーブルで「ええっ・・・」て感じなのは、私の好きな「オレたち」シリーズ(かつて放送されていた「オレたちやってま〜す」の流れを汲む一連の番組を勝手にこう呼んでいます)の「ゴチャ・まぜっ!」と「イマドキッ」が週末に集められて、よく解らない付け足しを番組名につけられ、それぞれ4部構成5時間と2部構成2時間の番組になってしまいます。まあ、頑張って聞いてみようとは思いますが、特に「ゴチャ・まぜっ!」は長いですよね・・・正直長過ぎます。無茶苦茶です。

今を去る事7年前の2002年に「オレたちやってま〜す」が平日帯番組から週末2曜日に圧縮され、土曜日は深夜0時から雨上がり決死隊さんやよゐこさん等けっこうメジャーな20人前後のメンバーで5時間の東京からの生放送(途中録音部分もあったと思いますが)という無茶苦茶な番組をやってましたが、その悪夢再びです・・・翌日は休みですしまだ聞き易いとはいえ、いかんせん深夜すぎるし長過ぎる(しかし7年前は毎週生で最後まで1年間聞いてたなあ。元気だったんだなあ)・・・
でも最後の「まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」という番組が生放送なら面白くなるかもしれません。この時間の生放送は妙なテンションになったりしますので、ちょっと興味ありますね。

« 驚いた・・・MBSラジオ2009春のタイムテーブル | トップページ | 「魂ラジ」でも打ち切りあるんですね »

コメント

管理人さん、はじめまして。
今回のこの件については諸説様々な事情があると思われます。
その1声優さん全出演者降板の背景に「ゴチャ‐」移動先の裏番組の事情
2008年4月~2009年3月まで月曜出演者の一人だったある女性人気声優さんが「ゴチャ‐」移動先の事実を知って、所属事務所から「裏番組へのゲスト出演がNGになるから降板してくれ!!」と言われたそうです。その番組とは(かつて、「MBSオレたちやってま~す」の最末期にぶつかってしまった)ラジオ関西の人気アニラジ番組「青春ラジメニア」でそのある人気声優さんは度々ゲストで呼ばれています。
どうしてなのかは不明ですが他の曜日の声優さんレギュラー出演者も次々と降板していきました。
あとは、土曜日深夜のMBSテレビが「アニメシャワー」という深夜アニメ作品の4番組連続放送の影響もあるかもしれませんが・・・・・・。
その後判明したことですが、「ゴチャ‐」の声優さん出演枠は4月スタートの新番組「やきぐりバンバン!!」へ移動したそうです。ただし、男性声優の宮野護守に交代しましたが・・・・・。
2、MBSテレビの業績不振分を埋めるためにMBSラジオまで背負うことになった。
詳しいことは明らかになっていませんが、毎日放送のテレビ部門の赤字分を埋めるために、毎日放送ラジオも経費削減の余波を受けることとなったのでしょうか?
3、「(NHK)ラジオ深夜便」叩きの為の放送日移動?
この件についても詳しいことは明らかになっていませんが、「ラジオ深夜便」に流れてしまっている聴取者を「ゴチャ‐」・「イマドキッ」へ誘導させるために放送日・時間を移動したのではないのでしょうか?
それにしても、「ラジオ深夜便」という強敵に勝てないのがなぜなのかわからないです。
長くなりましたが、今回はこれにて失礼します。

コメントありがとうございます。こちらこそはじめまして。
なるほど。声優さんの降板は裏番組の影響ですか。土日はアニラジ多いですもんね。ミニ枠の声優さんの降板に関しては単純に経費削減じゃないんでしょうか?ラインマップグループ様が強力にスポンサーとして付いていただいているとはいえ、もともと5分や10分の枠に2人も3人もの出演者っていうのもおかしいとは思っていましたが。
「やきぐりバンバン」はすごく無理矢理な感じがするんですよね。スタートが改編から変にズレていましたし、放送時間が30分と、あのメンバーと人数で帯でやるには短いですし。個人的にはタレント及び事務所との関係性継続の為の補填的な意味合いが強いんじゃないかと邪推しています。宮野さんはもともと「ゴチャ・まぜっ!」火曜日レギュラーだったので交代というより移動っていう感じじゃないでしょうか。
土曜日移動に関しては、「MBSうたぐみ Smile×Songs」を開始するにあたって、本来ならば番組終了のところを無理矢理枠を取ったっていうところじゃないかと私は勝手に推測しています。MBSラジオ伝統のスタイルを守る為にも「ゴチャ・まぜっ!」には頑張ってほしいんですけどね。
テレビ部門の赤字分を埋めるために、ラジオ部門の経費削減っていうのはちょっと違うような気がします。あくまで個人的想像ですが、もともとラジオ部門がテレビ部門に助けてもらってたような気がするんですよね。だからテレビ部門の赤字分を埋めるためというより、毎日放送全体の経費を抑えるっていう事じゃないんでしょうか?
「ラジオ深夜便」に対抗っていうのは個人的にちょっと疑問ですね。想定ターゲットリスナー層が全然違うと思うんですよね。日曜日はもともと「イマドキッ」やってましたし、土曜日も比較的若年層対象の番組でしたので、そういう意味では変わってないと思います。「ラジオ深夜便」から外れる層を・・・というなら解りますが、深夜便リスナーを「ゴチャ・まぜっ!」にって言うのは無理があると思います。
「ラジオ深夜便」が強いのは、深夜ラジオのリスナー層が中高年齢層にシフトしてきているからではないでしょうか。一つには深夜放送ブームの頃からラジオに馴染んだ年齢層が中高年となっていること、もう一つは様々な不安から寝付きが悪くなっている方が増えているということ・・・それと「ラジオ深夜便」は最近は聞いていませんが、昔聞いていた頃の印象では、しっかりと番組が作られていて、なかなか興味深い番組であるということは言えると思います。「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”」なんかは勝ってることもあるそうなので、あれくらい人気パーソナリティが腰をすえて番組をやれば勝てる可能性はあるっていうことじゃないですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪夢再び・・・「ゴチャ・まぜっ!」「イマドキッ」週末移動:

« 驚いた・・・MBSラジオ2009春のタイムテーブル | トップページ | 「魂ラジ」でも打ち切りあるんですね »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ