« 久しぶりのハードラジオ三昧 | トップページ | 矢部浩之のオールナイトニッポン »

2009年6月 1日 (月)

簡単に飛び越えられてしまった垣根

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」を聞いていますと、安住アナがオープニングで前の番組の「全国こども電話相談室・リアル!」で日本テレビの西尾アナにあこがれるアナウンサー志望のリスナーさんの要望を叶える形で、西尾アナが何らかの形で参加してくれるらしいという話を始められました。「だから何なの?何の話をするんだろう?」と思いながら聞いていると、ここから安住紳一郎トークショーが始まり出しました。

安住アナの思いとは、簡単には越えられない局の垣根を越えてリスナーを喜ばせてあげるのはいいが、簡単に垣根を越えられる放送している局のTBSの局アナになぜ協力を求めないのだ!それがくやしい!簡単に飛び越えられてしまった垣根としての我々TBSアナの立場は!?というものでした。
果ては、リスナーさんに恨み言まがいのことを言い出し、TBSの女子アナをふがいないと嘆き、最後には西尾アナの回にはスタジオの外で大声で発声練習してやるとか、局アナがそんなことを・・・と思うくらいの独演トークショーを繰り広げられていました。それだけくやしかったらしいです。

この一連の安住アナの熱いトークがめちゃめちゃ面白かったです。安住アナ独特の、発せられる言葉は丁寧で、トーンは静か目で、伝わるメッセージは熱く、畳み掛けるような論理展開での、スジが通ってるのか通っていないのか?な語りに、何度も声を上げて笑ってしまいました。こんな要約の文章なんかでは伝わらないのが残念です。

さらにその後には大先輩生島ヒロシさんの伝説の数々をラジオで紹介するというコーナーが突如始まりました。何かテレビで生島さんの紹介番組みたいなものをやっていたそうで、テレビに先を越されたのが残念なのですが、やはり生島伝説はラジオでやらないとということらしいです。要は生島さんのトチリとかを延々流すコーナーなのですが、これも爆笑でした。くしゃみは有名ですが、それ以外にもたくさんあり、個人的には「蟹座のうんこは下降気味です(うんこ=運気の間違い)」や「イチエイチ炊飯ジャー(1H=IHの間違い)」はウケまくりました。フリーになられたとはいえ、大先輩をこういう形でよくぞここまでクローズアップ出来るものですね。

いやあ〜安住アナは思い切ったことされますね。素晴らしいです。
また、今回のメールテーマは“炭酸飲料の思い出”だったのですが、こんな訳の解らないテーマでも、そこそこお便りが来ていて、それがけっこう面白い。この番組はリスナーさんも素晴らしいと思います。

« 久しぶりのハードラジオ三昧 | トップページ | 矢部浩之のオールナイトニッポン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 簡単に飛び越えられてしまった垣根:

» 安住紳一郎の日曜天国(TBSラジオ、2009年5月31日(日)10:00-12:00) [ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!]
○「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2009年5月31日(日)10:00- [続きを読む]

« 久しぶりのハードラジオ三昧 | トップページ | 矢部浩之のオールナイトニッポン »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ