« 福山雅治VS城田優 歌・俳優・下ネタ | トップページ | 爆笑問題田中さんがノリスケ役 »

2009年8月 2日 (日)

ラジオの聞き方が解らない小学生

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」を聞いていると、最近の小学生はラジオの聞き方が解らないという話をされていました。我々世代やラジオ好きからすると「ええ〜っ」という感じなのですが、個人的にはそうかもしれないなあとも思います。ラジカセやミニコンポなんかを使っていればラジオは付いているので、放送局の選曲設定が出来ていればスイッチ入れるだけで簡単に聞けますが、音楽を聴く事が目的で、パソコンとiPodみたいな機器構成だとラジオが介在する余地がないですから、しょうがないですね。
最近はカーステレオにもラジオが無いものがあるとか。私が車を所有していたときはカーナビを付けていなかったのですが、レンタカーを借りるようになってからはナビ付きでもラジオは付いていますが、中にはそういうナビもあるんでしょうか?渋滞時や事故や災害等の緊急時に困らないんでしょうかね?

そこで安住さんは夏休み期間中に“エリート塾”を開く計画があるとか。小学生等若い世代を職場体験的にTBSラジオに招待してラジオに興味を持ってもらおうという企画だそうです。そうやって興味をもってもらって次世代のラジオを担うスーパープロデューサーやスーパーディレクターを育成したいとのこと。素晴らしい計画なのですが、その先には10年後、20年後自分を担当番組で使ってほしいんだとか・・・光源氏か・・・まあ、安住さんの遠大な保身計画は別として良い企画だと思います。

また、安住さんが女の子(飲み屋のお姉さんらしいですが)に在京AM局の周波数をスラスラっと言うと、よくそんな中途半端な数字を覚えているものだとえらくウケたとか。我々ラジオ好きからすれば当たり前な話なんですけど、もうこういうのは一般的にはマニア扱いなんでしょうね。ラジオ好きには全国全局の周波数を覚えていらっしゃる方もいらっしゃいますが、実は私はあんまり覚えていないんですよね。大阪と東京のよく聞くAM局は割と覚えていますが、ほとんど聞かないFM局やNHKは覚えていない局が多いです。
そういえば昔、仕事で徹夜ばっかりしていた頃、ラジオを聞き過ぎてMBSラジオの平日の番組を朝から超深夜まで箱番組のようなミニ番組まで全部覚えていた頃がありまして(今は忘れてしまいましたが)、それを話の流れで会社の人に話したら、ちょい引きでえらいラジオマニア扱いをされた記憶があります。別に暗記した訳じゃなく、毎日聞いてりゃ覚えるよねって話なんですが、ラジオがらみの知識は一般的にはすごくマニアックに聞こえるようです。

番組内でオリンパスのラジオサーバーの広告を聞きました。個人的には初めてでしたけど、結構よくやっているのでしょうか?前からラジオで宣伝すればいいのになあと思っていました。ただ、個人的にはあれはあんまり購入意欲が湧かなかったりします。機械としては秀逸だと思うのですが、何千時間録音出来ても、こちらが何千時間も聞けませんし、その間に新しい放送が毎週放送されるので私のリスニングスタイルとしてはオーバースペックかなあと思っています。私なら予算に余裕があればトークマスター的なものを複数台購入したいなってところです。個人的に一番欲しいのは同時間帯に複数局が録音出来る機能なんですよね。具体的に言えば「JUNK」と「オールナイトニッポン」を同時に録音出来るようならラジオサーバーも検討するんですけどね。

« 福山雅治VS城田優 歌・俳優・下ネタ | トップページ | 爆笑問題田中さんがノリスケ役 »

コメント

やはり、親がラジオを聴かない家庭(世代)になると、このようなことも多いのでしょうね。

私は親がラジオを聴いておりましたが、
周波数のいじり方は、正直わかりませんでした。

障っていたのはボリュームのみです。
なぜか周波数はABCでしたが・・・。

とくながたかのりさんコメントありがとうございます。
親が聞いていなくても、学校とかで深夜放送が話題になれば聞くんでしょうけどね。それも今は昔って感じの話のようですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラジオの聞き方が解らない小学生:

« 福山雅治VS城田優 歌・俳優・下ネタ | トップページ | 爆笑問題田中さんがノリスケ役 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ