« 無茶振り | トップページ | “あると思います”が・・・ »

2009年11月 9日 (月)

千代田唯さん卒業かあ

MBSラジオ「またまたゴチャ・まぜっ!」で佐藤仁美さんと千代田唯さんが番組卒業となりました。「ゴチャ・まぜっ!」シリーズは、このメンバーでやるのは最後という漠然とした予告のみで突然パーソナリティが代わって(録音残本数と編成決定のタイムラグが原因と私は思っています)リスナーにお別れの挨拶もパーソナリティは出来ないことが普通という変な番組なのですが、今回の「またまたゴチャ・まぜっ!」は放送では告知出来なかったもののホームページでは告知がされて、リスナーもさようならメールが送れて、パーソナリティもリアクションや挨拶が出来てよかったと思います。「ゴチャ・まぜっ!」のハリセンボンさんはリスナーへのお別れの挨拶も結局出来ず仕舞でしたから。

仁美姉さんの愛称で前身の「オレたちやってま〜す」を含め、「ゴチャ・まぜっ!」シリーズに長く出演されていた佐藤仁美さんの卒業も残念なのですが、千代田唯さんの卒業が残念だなあと思います。千代田唯さんは現役女子大生でこの番組のオーディション企画で選ばれたパーソナリティです。この番組は何回か女性パーソナリティのオーディション企画があって、姉妹番組含めて何人か出演されていたのですが、こういう書き方は非常に失礼な書き方になるのですが、千代田さんは安めぐみさん以来久しぶりにオーディション組で個人的にパーソナリティだなと思える人でした。

まず、思いつき企画に対するハードルが低い。本番で突然ノリで出て来るバカ企画に何かにつけて嫌がる人も多い中、オーディション企画やコスプレにも積極的で番組を盛り上げてくれました。共演者がケンコバさんや西川貴教さんなどバカラジオのベテランが多いので、ホントにヤバいことはさせないと思うので、やれる事を頑張ってやってくれる、こういうフットワークの軽い女性の若手パーソナリティは好きです。
そして、放送の声が楽しそう。オーディション組のパーソナリティに多いのは、なんか声のハリが弱いんですよね。まあ、パーソナリティにもいろいろスタイルがありますが、個人的には若手でハリがないのはちょっと辛いんですよね。陰のパターンで面白い方もいらっしゃいますが、そっちの方が難しいと思います。千代田さんはいつも楽しそうに笑ってたし、後半は自分から積極的に声を発していましたし、ちゃんとメンバーの一員として放送を作っていたと思います。

そうやって自らの番組での企画で選んだパーソナリティなのに半年かそこらで降板っていうのは、裏の大人の事情は解りませんが、「なんやねん・・・」って感じでげんなりです。なぜ、せっかく選んだ人材をもう少し腰を据えて育てようとしないんでしょう。良いしゃべり手なら続けてやってもらえばいいじゃないですか。「またまたゴチャ・まぜっ!」も半年かけていい感じになってきていたので、もう少し前のメンバーで続けてほしかったです。同じオーディション組で姉妹番組の「もっとイマドキッ」に出演されていた瀬古あゆみさんもいい感じだなと思っていたのに降板だし、ちょっと特別扱いがあっても良いくらいなのに、真っ先にバッサリだもんなあ・・・

「MBSヤングタウン」以来の伝統のMBSスタイルのバラエティの味をもっとも色濃く受け継いでいると思う「ゴチャ・まぜっ!」シリーズは「魂ラジ」を録音にしてまで生で聴こうとしている大好きな番組なのですが、こういうとこがなんかファミリー的にリスナーを巻き込んで番組を作ろうって感じじゃなく、回せるメインとファンの多い目玉パーソナリティを入れときゃいい的なベタベタな商業的発想が露骨に見えるようで嫌なんですよね。そういうとこをもっと熱くやっていけば、「ゴチャ・まぜっ!」シリーズはもっと面白い番組になるように思うんですけどね。

« 無茶振り | トップページ | “あると思います”が・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千代田唯さん卒業かあ:

« 無茶振り | トップページ | “あると思います”が・・・ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ