« 小島アナがTBSを退社らしいです | トップページ | THE ラジオパーク in 日比谷 2010 2日目 »

2010年5月 2日 (日)

THE ラジオパーク in 日比谷 2010

ゴールデンウィーク突入ですが、ニッポン放送のイベント「THE ラジオパーク in 日比谷 2010」に行って来ました。ここのところ東京は天気がよろしくなく、寒暖の差もけっこうありまして、オードリー若林さんの神通力で雨降ったら嫌だなあと思っていたのですが、見事な最高の行楽日和でした。まあ、行くんなら最初から見ようかと思い、休日にもかかわらず会社へ出勤並みの時間に起床して会場の日比谷公園に向かいました。地下鉄の方が近いようなので日比谷駅で降り、ニッポン放送のホームページに書いてあったA-14出口を目指しました。開始ギリギリの時間だったのですが、出口出てすぐとあったので間に合うかと思ったのですが、このA-14出口が遠い・・・けっこう歩きました。道すがら妙に若い女の子が多いなと感じました。仮にラジオパークに参加するとして、オープニングは「高橋克実と山瀬まみ おしゃべりキャッチミー」です。若い女の子に引きのある番組でもないよなあと考えていたら、「あっ!」っと思い出しました。「そうだ、オープニングはゲストがオードリーさんだ」

そんなことを考えながらA-14出口に着きました。確かに地上に出たら日比谷公園はすぐでした。東京の方はよくご存知でしょうが、日比谷公園はこんなところです。

01_hibiya_iriguchi_2

そして付近はこんな感じです。

02_hibiya_gaitou_2

都会のど真ん中の公園です。会場はこんな雰囲気です。

03_kaijyou
04_08_kaijyou

とりあえず、公開放送を見ようとメインステージへ向かいました。ステージはこんな感じです(この写真はイベント終了後の状態)。

03_2_stage_2

オープニングには間に合わなかったものの始まったばかりでした。会場はステージ前のアリーナ席(芝生の上の地べたに座る)が800〜1000人くらいでしょうか。まだ朝早いので座ろうと思えば後ろの方に座れましたが、地べたにずっと座っているのも辛いのでステージ前方の冊の外の向かって左サイドで見ていました。まだ人も少なめなのでゆったり見られます。アリーナ席は7〜8割方若い女性って感じです。

「おしゃべりキャッチミー」は面白い番組だと思うのですが、なにぶん休日の朝の番組ですので寝ていたくてあんまり聞きません。たまに早く起きてどこかに行くときなんかは聞いている番組です。高橋克実さんはテレビで見る通りといえばそうなんですが、なかなか爽やかな印象です。あと頭部の強い照り返しがなかなか印象に残りました。山瀬まみさんは色白でずっと日傘を持っての出演でした。まあ、顔が影になったりするのですが、いたしかた無いと思います。あの日射しでは色の白い方は真っ赤になってしまうでしょうから。
番組が進んで、オープニングのテープカットの前に今回のイベントのイメージキャラクターのオードリーさん登場で会場黄色い大歓声です。若林さんは小洒落たシャツで、春日さんはニッポン放送のイベントということでANN仕様の水色タンクトップです。テレビなどで見ると春日さんはすごくデカイ印象があるのですが、そんなにめちゃくちゃ身長が高い訳では無いんですね。でも体型はガッチリした感じです。テーマソングを歌う手嶌葵さんもいらっしいましたが、おっとりした方ですね。垣花アナも登場だったのですがルックスは濃いなあって感じの印象でした。
テープカットが終わり高橋&山瀬組VSオードリーのトーク対決で勝者の高橋&山瀬組がご褒美でリクエスト曲をかけられるということで山瀬まみさんの若かりし頃の曲をかけるというご褒美なのか罰ゲームなのかよく解らない仕打ちで山瀬まみさんがメチャメチャ照れていた姿を見た後、ちょっと会場内を見て回ろうとメインステージを離れました。

東京でのラジオイベントはまだあまり参加経験が無く、昨年の文化放送の浜祭くらいなのですが、浜祭はビル街の真ん中でしたので、緑の多い日比谷公園でやるラジオパークは少々趣が違う印象です。大阪にいた頃によく行っていた万博記念公園でのABCラジオまつりなんかに近いかなという印象です。規模的にも一番近いのはMBSのオーサカキングでのMBSラジオのイベントかなと思いました。協賛スポンサーの出店が非常に多くお祭り感があります。ニッポン放送ブースもあって、女子アナグッズみたいなのもありまして、女子アナの方々が直接販売なんかをされていました。私が通りがかった時は増山アナ、新保アナ、五戸アナなどを見かけたのですが、ラジオ単営局なのでルックスはそんなに重視されないようにも思うのですが皆さんお綺麗ですね。五戸アナがリスナーの方とニコニコしながらツーショット撮影に応じていたりされていたのですが、一方ではスタッフの方は撮影禁止とおってしゃっていたりして、基本撮影禁止なので仕方ないのですが、リスナー側としては本人がいいっていうんだから撮らせてあげてもいいんじゃないか?とか思いました。肖像権とか、撮った写真を売っちゃう人がいたりして問題があるのも解るのですが、リスナーとしては気分良く写真撮らせてもらう訳にはいかないのかなとは思います。

メインステージから少し離れてカレーパークというカレー屋さんの出店が立ち並ぶ一角があるのですが、

09_kariy_park

せっかくだからカレーを食べようと何回かに分けて、焼肉たむらのカレー、東京カレー屋名店会のザ・ビーフカレー、ムンバイのキーマカレーセット/ナンを食べてみました。どれも美味しいのですが個人的にはムンバイのキーマカレーセットが印象的でした。ただ、このお店、めちゃくちゃ人が並んでいて、けっこう待たないといけないんですよね。並んでいて「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」のゲストコーナーが見られませんでした。

カレーを一つ食べた後、「オードリーのオールナイトニッポン」の企画、むつみ荘の展示を見る為に、今度は協賛スポンサーブースの方へ行きました。田中義剛さんの花畑牧場が出店されていて新製品「天使のポテト」の試食をやっていたので食べてみたのですが、ポテトチップスにキャラメルってどうなのかな?と思いましたが、なかなか美味しいですね。
そんなことをしながら、むつみ荘の展示会場に着きました。むつみ荘の展示会場はこんな所です。

06_mutumi_gaikan
05_mutumi

う〜ん、少々狭いのと散らかり過ぎで売れてる芸能人の部屋って感じでは無いですね。私が行った時は朝早めだったのもあって割とゆっくり見られたのですが、時間帯によってはこんな感じで並ぶほど混んでいました。

06_2_mutumi_retu

基本的にオードリーさんはいらっしゃらず、展示のみなのですが、「オードリーのオールナイトニッポン」の公開録音前に、ここで席に座って休憩しようと再度立ち寄ったのですが、妙に人が多かったです。オードリーさんがいらっしゃったんでしょうか?

むつみ荘の展示会場を出ると物販コーナーがありまして、春日体操用のユニフォームが販売されていました。

07_butupan
08_uniform

そんなもん2,000円も出して買ってどうする?と思ったのですが、なんとなく記念に欲しくなり買ってしまいました。先日のぶってる写真展の画像が入ったキーホルダーもおまけに付いていました。

そんな感じで会場をうろうろしていると、「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」の時間となりメインステージに戻りました。こちらは割りとよく聞く番組なので馴染みがあります。
和田アキ子さんは見た感じではそんなに大柄な印象は受けませんでした。多分ほっそりされているからだと思います。垣花さんなんかにはキツい言葉も発せられますが、お客さんには丁寧な方ですね。オープニングトークを見てしばらくしてカレーに並んでしまったので田中義剛さんと萩本欽一さんのゲストコーナーと泉谷しげるさんの暴れるパフォーマンスは見られなかったのですが、最後の方少し泉谷しげるさんのところは見られました。泉谷さん、なかなか渋いですね。そのあとエンディングまで見ていたのですが、クイズワダオネアが会場の方に当たり、盛り上がりました。
このあたりで延べ10,000人くらいの入場者だったそうです。会場の風景としてはこんな感じです。

10_12_kaijyou

体感的にもそんなくらいかなあという感じでした。

続いては「小倉智昭のラジオサーキット」、この番組はほとんど聞いた事がありません。ゲストが豪華で加山雄三さん、宇崎竜童さん、田中義剛さんでした。加山雄三さんは、さすがに正直もう若大将って感じではないですが、73歳には見えませんね。日比谷公会堂で行なわれるコンサートの出演者の方がゲストに呼ばれていたようです。飯田アナも出演されていましたが、確か若手のはずですがけっこう・・・な印象だなと思いました。

この辺で、朝からいるものでさすがにバテてきまして、次の「高嶋ひでたけの特ダネラジオ 夕焼けホットライン」は休憩の時間とし、前半は離れた所で座って休んでいました。携帯ラジオ持参だったので放送の流れはどこにいても解ります。でもちょっと思ったのですが、ラジオ局のイベントにしては携帯ラジオで放送を聞いていた人が少なかったように思います。メインステージを離れるとあんまり放送聞こえないんですけどね。

移動の間に協賛スポンサーブースで吉田アナが「ミューコミ+プラス」ののぼりを持って拡声器でアピールに回っていました。本日はブース外回り担当だったようです。吉田アナはイマドキのおにいちゃんって感じの印象でした。スタイリストさんが付いていたのかもしれませんがお洒落な感じのファッションです。

そして30分少々英気を養い、最後のステージ「オードリーのオールナイトニッポン」の公開録音に望みます。最後の方だけ「高嶋ひでたけの特ダネラジオ 夕焼けホットライン」のステージを見たのですが、ゲストの桜組のお二人綺麗な方ですね。高嶋ひでたけさんがアリーナ席の女の子達に年寄り立たせて若い人が座ってみたいにイジってましたが、私は全然いいと思います。最前列あたりの人達は何時間座って待ってることやら。地べたにずっと座ってるのはけっこうしんどいんですよ。オードリーさんが見たくてずっと待っていたのでしょうけど、他のステージでもけっこう盛り上げてたので、いいお客さんだと思いました。
メインステージ回りでは青いユニフォームを着たオードリーのANNリスナーがそこかしこに散見されます。おっさんがいい歳してバカみたいとも思ったのですが、ここは毎週聴いているリスナーの証を見せねばと何故か思い立ち、私もここでユニフォームに袖を通しました。

そして時間は16時となり、お待ちかねの「オードリーのオールナイトニッポン」の公開録音スタートです。開始にさきがけて、春日体操の為に会場を広く使うということで冊が撤去されました。まあ、多少広げたところで体操がしっかり出来るような状態じゃ無かったのですが。手を振ったら隣の人に当たりそうです。
そしていよいよオードリーさん登場です。春日さんは奇妙な踊りで登場でしたが、会場割れんばかりの大歓声です。双眼鏡持参でしたので遠くても見えたのですが、手の甲に春日さんが何か書かれていたのですが、あれは何だったんでしょう?カンニング用?
踊り隊の紹介があり、なにやらマスコミ用の写真を撮るということで、アリーナ席の方々が立ち上がったのですが、青地に白で「負けられない戦がある」と背中に書かれた人々が次々にニョキニョキと立ち上がるのに妙にウケてしまいました。観客一同トゥースやらカスカスダンスやら指示に従ってやっていたのですが、後ろから見ていて1,000人以上の人がカスカスダンスやってるのは非常に面白かったです。
そしていよいよ1万人の春日体操です。こういうイベントで何かやるのは恥ずかしがってあんまりみんなやらないのですが、アリーナ席の人達は狭いところで割とマジでガッチリ体操していました。いいノリです。私も動けないながらもちょっとだけやりました。
体操の後、トークやコーナーになったので、少々疲れて来たので人ごみから離れました。少し離れてみるとすごい人です。本当に1万人いたかもしれませんね。公録時の風景はこんな感じです。

11_odory

コーナーなどけっこう会場ウケていましたね。若林さんがけっこうノッて「どんだけ〜」をやっていらっしゃったように見えました。
会場でオードリーさんが尋ねていらっしゃって解ったのですが、前の方にいる方でもラジオ1回も聞いていなくて友達に連れて来られた人がけっこういらっしゃるんですね。友情ですね。早い人は前の日の10時から待っていたとか。徹夜はホントは良く無いんですがパワーありますね。
でも通りがかりの人が見て行くとかじゃなくて、ラジオ聞いているリスナーが集まっているイベントはノリがみんな解っていて楽しいです。

朝から夕方までいて疲れたんですが楽しいイベントでした。ラジオパークは規模も大きいし、ゲストも豪華ですし良いイベントですね。
ただ、ホントに一部の方の行為なのですが、会場で配っていたチラシを敷物にしていたりするのはいいのですが、それをそのままゴミとして置いて行くのは、持って帰ってもらいたいとこですね。

« 小島アナがTBSを退社らしいです | トップページ | THE ラジオパーク in 日比谷 2010 2日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THE ラジオパーク in 日比谷 2010:

« 小島アナがTBSを退社らしいです | トップページ | THE ラジオパーク in 日比谷 2010 2日目 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ