« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

桑田佳祐のやさしい夜遊びを聞きました。

TOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」を聞いてみました。普段この番組を私は聞いていません。突然聞いたのは桑田佳祐さんが食道ガンであるという報道を聞いた為です。こんな時だけ聞くのもどうかな?と思ったのですが、この番組でご本人の声で説明があるということだったので、聞かないと気になるので聞いておこうと思い、「魂ラジ」までの間、聞いてみました。
私はサザンオールスターズさん並びに桑田佳祐さんの曲が好きで、初期とはいえ桑田さんがガンというのは、やはり気になるニュースでした。放送ではご本人から丁寧に経緯が説明されました。後半は少々桑田さんらしい軽口めいた言葉もありましたが、力強くリスナーに真摯にメッセージを送られていました。

ツアーが中止になるとか、アルバムが遅れるとかそんなこといいです。しっかり治療して、ゆっくり静養してもらいたいです。そしてまた素晴らしい楽曲を聴かせていただきたいです。

ナビオでのナンパ話毎週しゃべってない?

ニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」を聴いていると、なにやら26時間テレビで矢部さんが一滑りあったとか。26時間テレビはいろいろなところで話題になっていますが、私は全く見ていないんですよね。面白かったんでしょうね。

岡村さんがバランスを取ってくれてたんだなあという感じのしみじみとしたお言葉がありましたが、いなくなって気付くことってありますよね。

ゲストがFUJIWARAさんでしたが、昔話で矢部さんが謝るくだり、面白かったです。でも集合場所教えるのはモテたいとしても良く無いんじゃ?
同期や後輩が抜け出てキャーキャー言われてっていう話、ホントにしょうがない話なんですけど、あれ抜け出た方も置いてかれた方もちょっとな・・・って感じになるんですよね。全くもってしょうがない話なんですけど。しかし同じ天然素材メンバーでナインティナインさんをお見送りは辛いですね。
藤本さん(ですよね?)が気になった音楽っていうのはフィラー(CMフィラー)と言われるヤツですね。ネット局のローカルCMを入れるための穴埋め繋ぎの音楽なので大阪ローカルのラジオ番組とかだとフィラーは入らないからFUJIWARAさんは馴染みは薄いかもしれませんね。

矢部さんのナビオでのナンパ話、ここのところ毎週聞いてる気がします(笑)。話の流れ上、しょうがないけれど、リスナー的には毎週おんなじ話はちと辛いかな(笑)
学生時代に好きな女の子の机に頬ずりとか芸人さんのヨタ話だと思うんですけど、本当にみんなするものなの?恥ずかしいとかじゃなくやったこと無いですけどね。
おかんマジモミは仮におかんが黒木瞳さんみたいであっても嫌です(苦笑)。

悪い人の矢部のコーナー、西川きよしさんのモノマネは矢部さんが自分で言うほどひどくは無いと思いますけどね。岡村さんのだって雰囲気的に笑えるものであって似てるかどうかっていえば微妙なんじゃないでしょうか。

途中で流れる村田製作所様のラジオCM面白いですね。変な意味での伝統とハイテクの融合がウケました。

大島優子さん、秋元才加さん、松原夏海さんでパジャマパーティー!!

ニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」を聞いていると、今回のメンバーは大島優子さん、秋元才加さん、松原夏海さんでした。普通なら秋元才加さんがメインなんでしょうけど、今回は大島優子さんがメインMC(進行役)でした。ラジオだけの話なら秋元才加さんが上手いと思うのですが、総選挙1位が来るとこうなってしまうよなあ。まあ、大島優子さんも進行上手だし。

今夜は全員スッピン&パジャマの『パジャマパーティー』!!だったようですが、大島優子さんの提案らしいです。そういう指令があったのかどうかは解りませんが、ホントに大島優子さんの提案だとしたら素晴らしいですね。さすがエースで、よく考えてるなあと思いました。こういうパーソナリティからの持ち込み提案はいいと思います。それだけ番組のこと考えてると感じられますし、作家さんが判断して面白そうなものはどんどんやってほしいですね。今回のなんかはリスナーも画像を楽しめるし、パーソナリティも気分が変わるしいい企画だと思います。画像がホームページに載ってますが秋元さんはウケ狙いかな?大島さんはマジスッピンっぽいですね。薄くはやってるかもしれませんが人気アイドルがいいのかな?

冒頭、大島優子さんからお騒がせしてすみませんというようなコメントがありましたが、アイドルも大変ですね。謝るような筋合いの事じゃないのに。

AKB48の新曲“ヘビーローテーション”ノリが良くていい曲ですね。アイドルの曲って低く見られる傾向があるように思いますが、こういう元気な曲ってアイドルソングの良さがよく出るように思うんですよね。
昔、ラジオでmisonoさんがカレーとラーメンの話っていうのをしていて、スタジオの共演者には何言ってんのか解らない?って感じだったんですけど、個人的にはなるほどなと思って聞いていました。カレーは美味しいけどラーメンも美味しい。どちらが美味しいか?って言われても、それぞれの味が全然違うので比較して優劣がつけられないっていう、全然違う物に対しての優劣の比較の意味性の薄さに対する比喩だと私は解釈ました。アイドルの曲っていうのもそんな感じで、洋楽のポップスなんかとは味が違うので、イメージ的に軽く感じられるのは解らなくはないですが、双方を比較しての善し悪しは語れないんじゃないかなと思います。アイドルの曲も多くの人が楽しんで聞く訳だし。

秋元才加さんが誕生日を迎えて22歳になられたとか。でも28歳に見られたり、姉さんとか言わないでとかそんな話があったのですが、う〜ん、ホームページでの写真やラジオでのトークを聞くと、28歳って言われても信じるなあ(笑)姉さんキャラが似合ってるんじゃないですか。

中学の時お父さんの貯金箱から・・・って懺悔話がありましたが、今となっては何倍にもして返してあげたらいいんじゃない?

メールテーマが「笑っていいとも!」のコーナーから乗っかって現代風にアレンジしたことわざでしたが、“鬼に金棒”から転じて“秋元才加に○○”っていうお題があったのですが、出演メンバーが考えた例みたいなので“秋元才加に大島優子”というのがありましたが、この番組的には最強の安定性かもしれませんね。この2人のコンビのオールナイトは進行が極めてスムーズですね。プラス高橋みなみさんとかなら更に安定感は増すでしょうか。でも、ちょっとリズムを崩す人がいる方がラジオとしては面白いかも。
こういうノリは引きが強いようで、“秋元才加に○○”でネタがいっぱい来たようです。作家さんの指示なのかディレクターさんの指示なのか、はたまた大島優子さんの機転なのかは解りませんが、こういう話の流れを大事にしたその場でのスイッチはいいですね。

めざせ24時間テレビのメインパーソナリティーっていう話がありましたが、ここのところはジャニーズ事務所さんのグループが続いてますが、最近のAKB48の勢いからいえば、あながち無謀な挑戦でも無いかもしれません。

エンディングではニッポン放送のベランダで花火をやっていたようですが、あそこで花火やってるのを聞くのは「東貴博のヤンピース」以来でしょうか。

2010年7月30日 (金)

番組DVD!?

27日のTBSラジオ「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」を聴いていると、なにやら今度番組DVDが出るそうです。番組DVDといえば「鶴光のオールナイトニッポン」とか「オードリーのオールナイトニッポン」などニッポン放送の「オールナイトニッポン」が最近出していて好調らしいですが、以前は番組本が定番でしたが、これからはDVDが主流になっていくんでしょうか。音も画も入れられて都合はいいですよね。

安住さんが「にち10」を冠番組だし大事にしているという太田さんの話がありましたが、もし本当にそうだったら「にち10」リスナーとして嬉しいですね。

曲中に田中さんが悪口言ってるって話、言って無いって言えば良いのに、ちょっとそれっぽい事は言ったと白状するのは正直で田中さんらしいなと思いました。

2010年7月29日 (木)

不毛な合コン

TBSラジオ「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」で番組初の公開イベント「不毛な合コン」の模様が放送されました。私は見に行っていたのですが、当然編集はされると思ってはいましたが、意外に少ししか流れなかったなっていう印象です。まあ、フルで流せば放送時間全部使うくらいの時間やってましたからね。
放送で流れていたのは滑った感じでしたが、水素が燃える音とか失笑気味だったとしても、ノリと流れでウケてたときもあったと思います。
たまに客席からの声が入っていましたが、ステージに向かってしゃべりかけてるリスナーさんいらっしゃいましたね。ああいうのは私は声出す勇気は無いなあ。

リスナーさん100〜150人くらいという話でしたが、そんなものだったんですね。ということはリスナーじゃないお客さんもけっこういたようです。「誰?あっ山ちゃんだ!」みたいな声も聞こえたので、たまたま来たらやってたので見たっていう人も多かったんでしょうね。

最初の3人の女の子のリーダーのはるかさんは、あんまり緊張した素振りが無く話もよく繋がるので、「ひょっとしてタレントさん仕込んでるのか?」と思ったりもしたのですが、友達が見にいらっしゃってたようで、ステージを降りてから後ろの方で6人でしゃべっていらっしゃいました。ああいうところを見ますと素人のリスナーさんとご友人のようですね。

2組目の女の子のところ、あの無茶した話は切ると思ったんですけど流しちゃうんですね(笑)ピンクの浴衣のさやかさんは恥ずかしかったのかちょっと静か目でした。浴衣が気に入らなかったみたいでしたが、可愛かったですけどね。
放送で流れてませんでしたが、男性陣3人の中で誰を選ぶ?っていうのがありまして、指を指すっていうことだったんですが、女性達ご本人もおっしゃっていましたが、これが誰を指しているかがよく解らない感じになってしまいました。個人的にはせきしろさんとセパタクロウさんに集まっていたような気がしました。セパタクロウさん意外に普通っぽさがウケてたかも?

セパタクロウさん滑りまくりみたいな雰囲気でしたが、個人的にはそんなことないように思いましたけどね。意外にリスナーにはボソッと入る一撃が効いていたように思いました。もちろん山里さんもウケてまして、全体的には流れていない部分の方が面白かったように思います。某TKさんの話は面白いのは面白かったですが、さすがに放送では流せないか(苦笑)

今回は全編公録話かと思いましたがコーナーもやってましたね。宮崎あおいさんの記者会見の話、せっかく俳優さんの名前伏せてたのにエキサイトして最後の方は言っちゃってましたね(笑)まあ、調べりゃ解ることなので言ってるも同然でしたが。しかし、私はあんまり良く知らないのですが、宮崎あおいさんって「〜でござる」とか言うキャラなんでしょうか?う〜ん、イメージ的には解らなくもないけれど、なんか違う感じもするなあ。

2010年7月28日 (水)

不毛な議論公開録音「不毛な合コン」

仕事が谷間的に空いて珍しく定時で終わり、帰り際に食事をしながら録音していた「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」を聴いていました。ふと、今日何曜日だったっけ?と思って、ああ水曜日だと解って、今日は「JUNK」は「不毛な議論」かあと漠然と考えていて突然思い出しました。

今日公開録音やん。この時間なら行けるやん。

ということで、不毛な議論公開録音「不毛な合コン」を見に行ってきました。今晩生放送がありますので、ネタバレしない程度に会場の様子をレポートします。放送を聴く際のお楽しみの一助になればと思います。山里さんの口から聞きたい方は読まないようにしてください。

会場は赤坂のTBS前のイベントステージ。少し高くはなっているものの、割と演者と距離の近い感じのステージです。会場に着いたのが女の子登場の少し前くらいです。男性側3名はタキシード的なファッションで正装です。山里さんはTVで見る通りですが、作家のせきしろさんはいかにも業界人という感じの風貌でした。セパタクロウさんはホントに普通のおとなしそうな人って感じでした。

そして女性陣登場。最初の3人はドレス的なワンピースのようなファッションでリーダーの方は自分では出来ないんじゃない?って感じのヘアアレンジで、美容院行ってきたんだろうなって感じでした。3人ともカワイイ女の子でした。

いったん終わって次の3人は浴衣姿で登場でした。みなさん盛ってるなあって感じのヘアスタイルでした。こちらも可愛くて、本日参加の女性陣6人はホントの合コンなら、男性陣はちょっと頑張ってみようかってなる感じじゃないかなと思います。ルックス的には変なウケ狙いは無かったですね。

ちなみに会場はこんな感じです。

Fumou

ちょっと驚きましたが、このイベントは写真撮ってもいいみたいでした。TBSラジオのイベントは寛大ですね。ざっと目算で400〜500人くらいでしょうか。立錐の余地も無いっていうほどでは無かったですが、大勢ギャラリーはいました。やっぱり10代後半から20代半ばくらいっていう雰囲気の方が多かったと思います。女性もけっこういらっしゃいましたね。ただ、全部がリスナーかは解らないです。おそらくリスナーじゃない人も多かったと思います。というのはステージの裏で女性の大行列がありまして、なんだろ?と思ったら「ひみつの嵐ちゃん」の催しがあるんですね。そこから流れて来た女性客も多かったようです。

どこまで生放送で流れるかは解りませんが面白かったです。笑わせていただきました。

2010年7月27日 (火)

太ももペチペチ・・・バカじゃない?

もうそろそろミュージカルも始まるということでご多忙気味の城田優さんの「城田優のオールナイトニッポン」ですが、そんなお忙しい中でも生放送でやってくれるのはリスナーとしては嬉しいですね。

涼しい話題というテーマで、リスナーさんの鈴虫レポートがありましたが、鈴虫って秋じゃなかったでしたっけ?こんな夏の盛りに鳴くもんなんですね。風流です。

「少林サッカー」がドキュメンタリーっていうお便りがありましたが、なんであんなもんがドキュメンタリーなんですか(笑)ウケました。そういうネタだったのかな?

電話の女性リスナーさんに生太ももペチペチたたかせてスタジオ大盛り上がりでしたが、実にバカバカしい・・・けどこういうのがラジオのノリの面白いとこなんですよね(笑)ああいうバカラジオノリを聞くと嬉しくなります。

キャミソールのオールインワンっていうワードからスタジオ内に妙に妄想が広がっていましたが、あんまりスケベ感感じるようなワードじゃなかったようですね。

ここでも電話のお待ち下さいのメロディーに福山雅治さんの「少年」・・・「魂ラジ」は解るけどオールナイトニッポンって福山率高くないですか?

2010年7月26日 (月)

一場麻美さんの水着姿、勘弁できまへんなあ。

25日のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」を聴いていると、先週の「赤坂応接間」のゲストの石井ふく子さんが放送中に話に出ていたおにぎりを本当に握ってこられたそうです。律儀な方ですね。社交辞令の多いラジオで本当に持って来られるとは素晴らしいです。

田中さんが区民プールに行ったらしいですが、有名芸能人なのでホテルのプールとかもっといいとこ行けばいいのに。

竹内アナが競馬のコーナーの告知でジイサンレース(G3レースね。普通はジースリーと読みます)って読んでいましたがウケましたよ。爺さんが頑張って走んのかよ(笑)。しかし竹内アナは“ヤギ”が定着しちゃいましたね。

ニュースコーナーでの大島優子さんの話題で、竹内アナが太田さんのキスはしてるとかいう根拠の無い発言に対して。「と思うけどなあ・・・」みたいな発言をされていましたが、局アナが軽率にそんなこと言っていいの?と思いましたが、そういうことを軽率に言ってくれる局アナパーソナリティがリスナーは好きだと思います(笑)。でも確かに竹内アナのおっしゃるように発展したかもしれない恋が潰されたようなイメージは私も感じますね。

全裸キャラでお馴染み?の中村愛美さんのラジオショッピングを聞いていて思いますが、なんであんなに値段下がるんでしょうね?もともと定価では売らないんでしょうけど、なんか値段下がり過ぎのイメージですね。

芋虫の話をして気持ち悪さを田中さんと共感しあう竹内アナがなんか面白かったです。この番組や「Dig」を聞くまで竹内アナにあんまり馴染みがなかったのですが、ラジオリスナーに好かれるのがちょっと解る気がします。

「27人の証言」ではブルースリーさんの特集でしたが、アチョーの「怪鳥音」は「かいちょうおん」じゃなくて「けちょうおん」なのでは?浜村淳さんはそうおっしゃっていたような気がします。でもお弟子さん(になるのかな?)は「かいちょうおん」っておっしゃってましたね。「必殺飛燕一文字五段蹴り」とか「神変稲妻胡蝶肘打ち四段返し」とか浜村さんは今でもおっしゃってるのかな?
倉田保昭さんがゲストでしたが、爆笑問題さんはこの番組では子供の頃テレビとかで見ていたいろんな人たちと会えて楽しいでしょうね。

三十路を過ぎると化粧が厚くなるという話がありましたが、竹内アナは化粧時間が最短バージョンは10分、最長バージョンでは1時間とか。男なものでよく解らないのですが1時間かける最長バージョンの化粧って何をするんでしょう?

「今カレー」のコーナーでカレー販売対決の舞台裏ドキュメントがありましたが、待望の一場さんの水着披露は?特に触れられて無かったようですがやったのかな?と思っていたら放送終了後に撮影かあ。画像はホームページで後で掲載でいいんですけど、盛り上がりが聞きたかったのでスタジオでやって欲しかったなあ。
で、放送後記での画像を見ましたが、なんですかアレは。嫁入り前なので、これで勘弁して下さいとのことですが、勘弁できまへんなあ。水着披露は別にやらされた訳じゃなくて自分で言い出したことでしょうが。見せたく無いなら言わなきゃいいのに。海行ったら一場さんも水着になるんでしょ。別にいいんじゃないでしょうか。別に水着になるならないなんてどうでもいいことですけど、やるって言ったことはやってほしい。まあ、いちおうやったことにはなるんでしょうけど、石井ふく子さんと対照的な感じです。

サンデーカラオケベストテンではPVカラオケのベストテンでしたが、最近の曲が多くて爆笑さん沈黙だったのが面白かったです。紹介中「あ〜」とか「それかあ〜」とか「あったなあ〜」とか普段はあるんですけどね。ここでも「残酷な天使のテーゼ」か・・・どのランキングでも出ますねえ。最後の坂本冬美さんがちょっとどんでん返し的な感じでした。

瀬戸内寂聴さんが「赤坂応接間」のゲストでしたが、88歳にしては声がお若いですね。太田さんのズバズバ突っ込んでくる発言も軽くいなされていましたね。さすが人生のベテランです。
蓮舫さんがキライという太田さんに対して、奥さんに似てるじゃないみたいなツッコミがありましたが、太田さんの奥様よく知らないけれど、なんかウケました。

来週は公開放送ですか。この季節に野外は厳しいですけど行ってみようかなあ。

2010年7月25日 (日)

オードリー若林さんのバカ笑い

暑いですねえ・・・っていう話題で始まった「オードリーのオールナイトニッポン」でしたが、確かに昔って30度超えたらすごく暑いなって感じで、36度とか37度ってあんまり聞かなかったような気がしますね。ビキニで渋谷はあっても良さそうですけど、電車で隣に居たりしたら驚くだろうなあ。そのうちそこまで行くのかな?

とんがり警察出動とかいう話がありましたが、春日さんが西川先生の前に陰毛?トークの回しの悪口を言われての報復?のようでしたが(本人は置いていないと否定していましたが)、それはとんがってるのかな? 若林さんが安めぐみさんの陰毛説に狂ったように笑っていましたが、そこまで面白かった?若林さんのバカ笑いって甲高くて個人的にはちょっと耳に心地良く無いなあと思います。

スタッフが多いので春日さんを「オードリーのオールナイトニッポン」から降ろすとかいう話がありましたが、降ろしたいなら降ろせばいいでしょう。一人でしゃべらなきゃいけなくなって困るのは若林さんでしょう(笑)。

若林さんが海に行った話をされていましたが、いいですよね由比ケ浜。昼ならね(苦笑)。スイカ割りの棒が無かった話ですが、ネタとしては暴走族の金属バットを借りてほしかったですね。まあ、借りない方が良かったとは思いますけど。若林さんがサングラスを日々携帯しているって話がありましたが、芸能人ぶるなよって話なんでしょうけど、個人的には「それで?」って感じでした。別にいいんじゃないですか。撮ってたVTRがつまんなかったらしいですが、そうでしょうねえ。話聞いていても・・・な感じですもの。

春日さんにお父さんから退職の挨拶がハガキで来たらしいですが、親子でそんなもん送るものなの?しかし、お父さんにマジでゲイ疑惑持たれてたのでしょうか(笑)親としてはさぞ心配だったんでしょうねえ(笑)お父さんがマネージャーに?まあ、ちょっとしんどいかもしれませんね。個人事務所はまだ早いんじゃないでしょうか?息子が有名芸能人だとそういう発想が湧いてくるもんなのでしょうかね。

「若林音頭」の歌い手さん決定でリスナーさんへ電話をしていて、また「道標」か?と思ったら先週の方ですか。まあ、順当ですよね。上手かったですもんね。でも、若林さんへの“ピンクじゃ無い方”はちと辛いですなあ。
民謡調「IT'S ONLY LOVE」いいですねえ。福山さんにも聞かせてあげたいですね。「Ring a Ding Dong」もウケました。
若林さんのリスナーさんの彼氏に対する愛情の説教はあっさり返されてましたねえ(笑)。でもそういえば生で出演だったら福山さんに会えるかもしれませんね。すぐ前の番組で生放送やってるからスタジオ見学くらいはさせてもらえるのかも。

「電話で全国調査」のコーナー、「乳首どんな感じ?」はちとキツい質問なんじゃ?ふと思いましたが若林さんってライトな言い方の鶴光さんみたいなこと言ってますね。
チュッとして「スキあり」・・・マンガみたいな話だね。聞いていて照れますねえ。上手くいかなかったらどうしてたっていう春日さんの話がありましたが、男が女性にやったんなら泣きながらビンタ喰らわされてもおかしく無いけど、吉岡美穂さん似の女の子からそんなことされて嫌がる男はまずいねえだろ。

「未来辞典を作ろう」のコーナー、唸るネタがえらくお二人にウケていましたが、個人的にはイマイチ?な感じだったかも。変にイジってT様に怒られなきゃいいけど(笑)。

ヘッドフォンは人を変えるのか?「中澤有美子の日曜天国」80点でもいいかも?

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」を聴いていると、中澤さんの声で番組が始まりました。あれ?って感じでしたが、先週言ってなかったそうですが、安住さんが夏休みだそうで。“白鷺の姉御”の反響とか聞きたかったなあ。この1週間当ブログでは“白鷺の姉御”で検索して訪れていただいた方がけっこう多かったので反響もそこそこあったんじゃないかと思っていたんですけどね。

ということで始まった「中澤有美子の日曜天国」ですが、緊張感が声に出ていたような気がしました(笑)。昨年のオープニングトークのエア採点で82点をご自身で付けた事に対するリスナーの評価の話をされていました。私は失礼ながら60点くらいかなという評価だったんですが、80点以上というリスナーさんもいらっしゃったんですね。安住さんおっしゃるところの関東に跋扈するゆみたんファンの方々でしょうか?もちろん厳しいご意見もあったようで40点くらいの評価もあったようです。

リスナーのリクエストでは「中澤有美子の日曜天国」では安住さんの裏話をしてほしいというのが多いらしいです。確かにそういうの聞きたいなと思うのですが、なにやら安住さんに休暇中に名前を出すなと言われたらしいですね。“安住”の名前を使わずに“中澤有美子”で勝負しろということらしいです。まあ、解ったような解らないようなって感じです。個人的にはそう言われていても安住さんの裏話をやる勝負をしてほしいとこですけどね。

中澤さんは前は笑い声が良いと言われていたが、最近“馬鹿笑い”と言われるようになったそうです。セクシーさを失ったんじゃないかと思ったということで何やらゴソゴソやりだしました。何をやってるんだろう?と思いながら聞いていたのですが、なんかちょっと声の雰囲気がセクシーモードに入って少し変わった感じがしました。いったい何をやったの?と思ったらヘッドフォンを取り出して着けたらしいです。セクシー係長(安住さんのこと)を見ていて、着けてみたかったんだとか。着けるなら安住さんの休みの時だと思ったそうです。

ファッションは人を変えるとも言いますが、ヘッドフォンを着けてからのトークはちょっと面白かったですよ。ヘッドフォン購入時のエピソードを話されていたのですが、マカロンとティーとかFMぶってんじゃねえよ(笑)購入時にAMラジオの放送で使うって言えなかったそうですが、言ってほしかったな。正真正銘のプロなんですから。高級ヘッドフォンって16万円もするんですね。ちょっと買えないなあ。さすがに16万は高過ぎるということで結局安住さんがしているものと同じ物にしたそうですが、業務用で見た目が冴えないらしいです。暗にセクシー係長批判ですか(笑)

もうひとつ、まつげエクステをつけられたそうで。即効性を期待して普通の初心者の倍ほど盛ったんだそうで。そして服の中はセクシーインナーウェア着用とのこと。要するに俗に言う勝負下着らしいですが、関東に跋扈するゆみたんファンの方々はいろいろ妄想したのでは?(笑)
中澤さんって英語がそれっぽい発音でしたが留学されていたのでしょうか?

オープニングトークしながら心が折れそうだったそうですが、折れちゃあいけません。こういうバカラジオは折れたら負けです。だいたいAMラジオのバカ話なんて冷静に聞いたら愚にもつかない話が多いんですから。今回のオープニングトーク面白かったです。安住さんのスカの日のオープニングトークよりは楽しかったです。今回のトークなら素人が偉そうに言いますが80点でもいいかも。妙な着眼点に訳の解らないこだわりと不必要なまでの詳細な描写、それが「にち10」のトークの真骨頂ではないでしょうか。門前の小僧習わぬ経を読むではないですが、中澤さんの今回のトークはそれがけっこう出ていたように感じました。

中盤のメッセージテーマから外山アナがいっしょに入っていましたが、ガールズトークっぽくて良かったと思います。安住さん休みのときは2人でやるのもいいんじゃないでしょうか。
メッセージテーマのおたよりで娘の制服を着てみるっていうのがありましたが、娘を持つ親の儀式みたいな説が出ていましたが、そうなんですか!?みんなやるもんなんですか?

「ゲストdeダバダ」のコーナーはクラシックギタリスト木村大さんがゲストでしたが、ギターのしらべがいつになく日曜の朝らしい雰囲気でした。

まだぶっかけするの?福山さん

「潮吹きまくってますよ」という中2的下ネタで始まった「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”」ですが、今回は最近では珍しくオープニングから「龍馬伝」トークでした。この暑さに空調止めて撮影はキツいですね。ロケは仕方ないとしてスタジオでもそんな状態ではたまらないですね。
「馬小屋理論」・・・何回か聞いてるんでしょうけど覚えて無かったなあ。

女性は男の汗臭さが好きっていうのは彼氏とか旦那さんとかカッコいいスポーツマンとか男前とか要するに好きな人の汗のニオイの話でしょ。普通汗臭いなんてのは滅茶苦茶嫌われるはずじゃない?

男は女性のニオイを嗅ごうとしないという話がありましたが、枕と靴は違うだろ(苦笑)でも、どうなのかな。髪の香り(正しくはシャンプーの香りだけど)なんかは気になったりはするんじゃない?でもまあ、確かに女性を神聖化したい幻想っていうのはあるかもしれないなあ(笑)

どのくらいのニオイがいいのかみたいな話がありましたが、個人的には嗅ごうと思ったらニオイを感じるくらいじゃない?近づいたら自動的に臭うレベルになるとちょっとキツいような気がします。

福山さんと同じく私も思いますねえ。確かに渋谷あたりの女性肌出し過ぎ。胸元ざっくり開き過ぎ。谷間見えすぎ。そりゃ夏らしいファッションでカワイイですよ。カワイイけれどもうちょっと隠してもいいんじゃないかな?とおっさんは思ったりもする。そしてそんな見せてるカッコで街を闊歩してても、おっさんがジッと見たら嫌な顔するんだろうし(苦笑)。

いっしょにお酒を飲みたい歴史上の人物っていう話がありましたが、坂本龍馬はアサヒビールじゃなくても「龍馬伝」やってなくても人気高いでしょうね。私も坂本龍馬かなあ。織田信長はちょっと解るような気がします。どんな人か見てみたい気がするんですよね。聖徳太子はイマイチ解んねえ(笑)。

「龍馬伝」第3部ですが、個人的には面白くなりそうな感じがしました。ここからが見所って感じです。言動と表情が変わったっていうのは私も思いましたが、人が話してるところにズカズカ入って行くとかはけっこう1部2部のころもあったような気が。そのおおらかさが坂本龍馬ならではのところじゃないかなと思ったりもします。
国王の西郷さんと小曽根さんのモノマネ、投獄かもなあ・・・
熱々のカステラって食べたことないなあ。美味しいのか。へえ〜。
しかし、福山さんがグラバー邸も行った事無かったっていうのも面白いですね。地元の名所って案外あんまり行かないんですよね。でも「魂ラジ」リスナーになってから、長崎に行ってみたいなあと思うようになりました。行った事はあるんですけど仕事でだったので観光とかは出来なかったんですよね。

お父さんが投獄されたっていう(変な書き方になるなあ)リスナーさんが出ていらっしゃいましたが、大殿様も子供には甘いですなあ。でも投獄か。胸は痛むかもしれませんが当然でしょう(笑)
お登勢さんは似ているような似ていないような・・・京都弁は宝塚の人でしたらネイティブで近いんじゃ?京都弁は確かに特徴はありますけど、大きくは関西弁ですから。

禁断の恋の話、最近は先輩をSPって言うんですね。国王はリスナーさんが好きだったらいいんじゃないって話でしたが、私は止めといた方がいいと思うな。友達と付き合ってるままで口説いてくるんでしょ。保険かけながら口説くようなのはいかがなもんかなと思いますけどね。

もうかけるもん出ないかと思いましたが、まだ出ますかって感じでピアノバージョンの「蛍」がフルぶっかけでした。が、ふ〜んって感じでした。まあ、バージョン違いですから。

「魂リク」では片思いの男性に思いが届かなかったから美容師になったっていうリスナーさんの話がありましたが、そんな一時の感情で仕事決めるなよと思ったのですが、独立してお店が持てるようになるまで続けられたのなら本物ですね。キッカケは何でもいいってことなのかな。「化粧」を地で行くようなリスナーさんのエピソードでしたが、「化粧」の福山バージョンもいいですね。

福山さんは赤ん坊のニオイがするらしいですが、乳臭いってことなのか?

2010年7月24日 (土)

leccaのオールナイトニッポン

23日深夜の「オールナイトニッポンR」はleccaさんという歌い手さんがパーソナリティだったのですが、オープニングあたりの、いきなり“性病になりました”はインパクトがありました。猫からの感染らしいですが、性病って全部性交渉から感染する訳でもないんですよね。そういうトークでツカミ狙ってたんでしょうけど、いい感じで掴まれたので最後まで聞いてみました。

ニューアルバムの宣伝だったようですが、最初の方でウソだらけのプロフィール紹介っていうのがあって、アナウンサーさんが読み上げたものを、本人が後で訂正するというノリだったのですが、ウソが多すぎ。訂正があるからいいですけど変に本当っぽいウソは訳が解らなくなります。

ヒップホップとレゲエの話、彼女の話が全て正解ではないんでしょうけど、違いがよく解ったような気がしました。ちょっと解釈違うかもしれませんが、攻撃的なヒップホップと平和的なレゲエみたいな感じで、なるほどなと思いました。

「ギネ 産婦人科の女たち」の主題歌を作った話で、何かを捨てたり、心を折りながらみんな仕事を頑張っているっていう話をされていたのですが、当たり前の話ではあるんですけど、そうだよねと思いながら聞いていました。押しつけがましさが少ない感じのおしゃべりをされる方ですね。ICレコーダー導入で長時間録音が出来るようになって金曜土曜の「オールナイトニッポンR」も聞くようになったのですが、聞いていて楽しいパーソナリティさん多いですね。事情はいろいろあるんでしょうけど、いつも書きますが昔のオールナイトニッポン2部のような新しいしゃべり手さんが活躍出来る枠をまた作ってほしいですね。

この番組が生放送だったのか録音なのかは解りませんが、ネット局の都合とかもあってタイムテーブルが決まっていてCMの時間も守らなきゃいけないんでしょうけど、パーソナリティがノッてしゃべってる時にCMは入れないでほしい。いちばんラジオの聞かれない時間の番組なんだから、ゆったりと流れを大事に放送してもらえるといいですね。

2010年7月23日 (金)

国際電話ですからねえ

ニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」を聴いていますと、先日の矢部さんのワールドカップの南アフリカからの生電話の月の携帯料金が47,000円だったとか。海外は受けた側も料金かかるんですね。矢部さんの収入だから涼しい顔ですけど、業務でこの料金が自腹で発生したなら私ならブチ切れるな(笑)。

今回はゲストは誰かと思えば狂犬こと極楽の加藤浩次さんでした。これはうれしいゲストですね。加藤さんの声をラジオで聞くのは久しぶりです。ちょいと「吠え魂」気分でした。
コンビの相方が突然居なくなった時に・・・っていう話をされていましたが、当然といえば当然ですが、しばらく慣れないみたいですね。お豚様の一件の当時でも加藤さんはけっこうラジオキャリアがあったはずなんですが、勘が狂うみたいですね。

矢部さんが読むネタコーナー・・・何とも言えないなあ。別に悪くは無いのですが、ちょっと違和感も感じます。聞いてるこちらが慣れてないんだろうなあ。「悪い人の矢部」は変な面白さはあるなあ(笑)初回から噛んで私物プレゼントですか(笑)最後のモノマネ連発はキツイですねえ。イジメのようなネタでしたが、ハガキ職人流の一種のエールだったんでしょうね。

2010年7月22日 (木)

中越典子さん、いいお姉さんっぷりですね

ニッポン放送「吉岡聖恵のオールナイトニッポン」を聴いていますと、オープニングコーナーの「ぶってんじゃねーよ」のコーナーで、吉岡さんがクラス全員にシュークリームを配ったというエピソードを話していました。いますよねそういうことする女の子。吉岡さんが自分でおっしゃってたように何のアピール?って感じしますよね。でも多分もらった男子の好感度はちょっと上がってる気がしますよ(笑)。
巨乳の残り湯に入りたいっていうネタがありましたが、その気持ちは解んねえなあ。巨乳うんぬんは関係ねえんじゃ?妄想力豊かだなあ。

中越典子さんがゲストでしたが、姉御って雰囲気の面白い方ですね。ノリもいいし吉岡さんと良いコンビだと思いました。告知無くてもちょくちょくゲストに来て欲しいです。でもこんな夜中の生放送は嫌か?(苦笑)

2010年7月21日 (水)

アジェンダうるさい

TBSラジオ「火曜JUNK 爆笑問題 カーボーイ」を聴いていますと、今の太田さんの中でのお気に入りが“アジェンダ”らしく、オープニングでアジェンダを何かにつけて連発していました。最初は私もほほえみながら聞いていましたが、あまりに連呼するので田中さんと同じく、「うるせえ」と思ってしまいました。まあ、限度ってもんがありますよね(苦笑)

藤竜也さんの話が出ていましたが、外国人っぽいってことでしたが、あの頃って今より欧米人に対するあこがれみたいなものがより強かったんじゃないでしょうか?しかし、若いリスナーさんは「プロハンター」とか解るんでしょうかね?

2010年7月20日 (火)

城田優監督のゾンビ映画!?

ニッポン放送「城田優のオールナイトニッポン」を聴いていると、もうミュージカル「エリザベート」の稽古が始まっているんですね。海に行きたいとかおっしゃっていましたが、こう暑くなると行きたくなりますね。

先日の特番の小栗旬さんのオールナイトの音声が流れたので、「おおっ!!ゲストか!!」と思ったのですが、ゲスト無しでした。変なフリは止めましょうよ(苦笑)。
映画が撮りたいっていう話がありましたが、やっぱりゾンビ映画なんですね(苦笑)。三浦春馬さんと佐藤健さんのダブル主役はいいんですけど、なんでヒロインがマツコデラックスさんなんですか・・・

フットサルチームを作るっていうのコーナーになったんですね。「何足のわらじじゃ!タコのパウルか!」は上手い事言えてたのかな?言えてんのか(笑)。

エロ妄想、「ポクポク あ〜 ポクポク あ〜」ってネタがありましたが、おじいちゃん化けて出るぞ。
フラれた彼女をエロ妄想で・・・っていう話もありましたが、性春だね。ただフラれたからエロ妄想っていうその気持ちはイマイチ解らんけど・・・曲“かける”が妙にエロく聞こえたお便りでした。

2010年7月19日 (月)

世間は3連休でしたが

世間では3連休でしたが、個人的には日曜だけ休みで後は仕事になってしまいました。土曜日だけ仕事で月曜日はお休みの予定だったのですが、終わらなかったので仕方ないなって感じです。休日出勤のせめてものお楽しみはラジオを聞きながら仕事ができるということで朝からラジオばっかり聞いていました。

会社ではradikoのいたずらで東京に居ながら大阪の放送局が聞けるので、最後の方だけでしたが、久しぶりにABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」を聴きました。今日は船からの放送(アクアライナーかな?)で、ちょっと特別版でしたが、時報の感じとクラリネットポルカの調べが懐かしかったです。大阪は天気良かったみたいですね。東京も快晴でした。もう大阪はセミが鳴いてるんですね。東京ではまだ聞いてないなあ。
1年ほど聴いていないとジングルとかCMも少々変わってますね。秋吉英美さん結婚して人妻としての自覚か少々おしとやかになられたのでは?(そんなことないか(笑))やっぱりこの番組は楽しいですね。

「おはパソ」が終わってから録音していたMBSラジオの「ゴチャ・まぜ!」「イマドキッ」シリーズを聴いていました。4月の改編でメンバーが替わりましたが、このメンバー各番組良い感じだなと思います。「イマドキッ」だけは小倉優子さんメインの番組を残して欲しかったなと思いますが。別に井上和香さんメインでも全然いいんですけど、小倉さんメインのユルユル感が好きだったから。
そしてなんと言っても楽しいのが「まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」。深夜に大人数でどうでもいい話を長時間ダラダラやってるんですが、この感じがとても独特で楽しいんですよね。出演者もなんか楽しげに聞こえます。ライブリスニングで聴きたいなとは思うのですが、朝5時まではちょっと辛くなってきたので最近は録音で聴いています。

そして祝日の個人的なラジオのお楽しみといったらTBSラジオの「小島慶子 キラ☆キラ」。ビビる大木さんとのコンビは素晴らしいです。今日は恐竜の話でエクサエレトドンがどうこうおっしゃっていましたが、ネットで調べてみると確かに少々寂しげなルックスです。本日も楽しませていただきました。

その後も録音していた番組やTBSラジオを聞いて、朝から晩までラジオ三昧でしたが、今日みたいな行楽日和の休日出勤はアホらしいのですが、ラジオだけはゆったり聞けるんですよね。

2010年7月18日 (日)

オードリー春日さんのオールナイト法にひっかかる話

ニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン」を聴いていると、若林さんはこのラジオをネガティブラジオだと思っているらしいですが、まあ、そんなにネガティブでもないけれど、どっちかって言うと、ポジティブラジオよりネガティブラジオな気はするなあ(笑)。

カフェでシーザーサラダ、薬指に指輪・・・ジョーさんがどういう人か解んないので、何がそんなに面白いのって感じでした?少々内輪ウケ的な感じがしましたね。別に春日さんがデートでヒルズで夜景見てても全然変では無いし笑うような話でも無いと思うんですけどね。
だけど春日さんが失恋してけっこう眠れなかったっていうオールナイト法にひっかかる話は意外に思いました。なかなかピュアですね。しかし土偶ちゃんってどんな人なんでしょう?

まだ、若いのに縁起でも無い話ですが、若林さんが春日さんに葬式来るなとかおっしゃってましたが、葬式で相方の死に顔見て笑う鬼畜なヤツいるか?涙流しながらトゥースやったんならそれはそれで見ていてコンビ愛の深さに泣けますけどね。

芸能界を四十歳そこそこでバア〜イっていう話が出てましたが、四十だったらあと10年もないじゃないですか。出来なくなってたら仕方ないですが、人気があるならもっとやって欲しいですね。このオールナイトは最低3年くらいはやってほしいな。それくらい続かないとオールナイトやってたって感じにならないんですよね。1年くらいだと「そういえば、そういうオールナイトあったね」みたいな感じになるので。

ベキ山さんコメントゲストで登場でしたが、新曲出たのは知っていましたが、あいかわらずベッキーさん上手に告知しますね(苦笑)。今度は曲とか出さない時にコメント寄せてほしいですね(笑)。しかし、曲流れてるのに止めてトーク始めるの面白いですね。「告知なら曲流さねえぞ」っていうノリはたまにあるけど、斬新なパターンだなと思いました。

「女性の店行かない?」ってどういう意味なんだろう?飲む店?触れ合う店?遊び慣れてきた春日さんっていうのもなんか面白いと感じるとともに、なんか不慣れであってほしいなって気もします。
ちなみに東京以外の方はあまりご存知ないかもしれませんが、中野っていうところはキャバクラがたくさんあるので有名なところです。中野ブロードウェイでオタクの聖地としても有名ですね。春日さんが住んでる阿佐ヶ谷から近いところです。

「さんま御殿」の話がありましたが、若手にとってはブレイクの夢が見られる番組なんですね。くじらさん、芸名の由来の眉毛剃っちゃダメでしょう。でもやっぱり鉄板トーク準備したりするんですね。そういう準備大事なんでしょうね。若林さん人見知りウリにしてるのに暗いとか言われるとムッとするんですね(笑)。
くじらさんがコンビ解散する相談をしたときの話で、春日さんがやる気見せないのに何でコンビ組んでるのかと聞かれたときの若林さんの「春日には華があるだろ」のセリフ、本人目の前にして気恥ずかしくないのかね?と思うとともに、そういう思いがあったんだと感慨深い思いがしました。
山手線ゲーム、今まで出たテレビの番組の名前・・・ホント大人げないですね。芸人さんの立場で私がその場にいたら、掴みかかって殴っていたかもしれません。

若林音頭の企画でのリスナーさんの電話、「そのままお待ち下さい」の後に「道標」が流れて爆笑しました。ここでもかって感じです。ホントに珍しくオードリーさんにあんまり興味ない感じのリスナーさんでしたね。「魂ラジ」リスナーは「オードリーのオールナイトニッポン」の聴取率に貢献してそうな雰囲気ですね(笑)肝心の民謡、さすがマジですね。ラジオ聞いていて私も近所が心配になりました(笑)。先週のリスナーさんもでしたけど、このレベルの歌唱力の人が応募していて、「魂の龍馬伝」みたいなレベルの「ハア〜」の人が来たら投獄どころじゃ無いんじゃ?この番組の歌モノ企画のリスナーさんは本格的ですよね。
嫁入り前の娘にパンツの色なんかっていうノリがありましたが、何を今更(笑)今まで聞いた人ほとんど嫁入り前じゃねえか(笑)。

第3回 グリコ 2段熟カレー販売対決!

TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」の今回の放送では「第3回 グリコ 2段熟カレー販売対決!」がありましたが、カレーの手売り企画は本家の大阪のABCラジオでも今もやってるんでしょうかね?グリコ様はこれの為にスポンサーに付いていただいたと思うので続けてほしいですね。これ、勝者が続いて出られるシステムになった感じですね。はなわさんと原口あきまささんの対決は好勝負の予感でしたが、はなわさん子供さん連れてくるのは汚いんじゃないの(笑)と思ったら、原口さんは奥様連れですか。なんじゃそりゃ。身内合戦ですか(笑)。
はなわさんのカレーのCMソングいいですけどね。この番組だけでも使ってみたらいいのに。もちろんタダで(笑)
来場のみなさん10個20個100個買うって話でしたが、そんなに買ってどうするんでしょう?まあ、腐るもんじゃないのでいいのか。
結果は両方とも1000個オーバーということで予想通り熱い戦いになりました。はなわさん1478個対原口さん1007個で販売記録更新の上、はなわさんが500個近い差をつけての勝利でした。なんとなく途中経過の雰囲気でも、はなわさんが勝ちそうな感じでしたけどね。一場さん何故に今回も号泣(キャラ泣きか?本泣きか?)?一場さんはホントに中継後に水着姿披露やったのかな?原口さん芸人引退宣言なんてしょうもないことをしていましたが(笑)、まあ、すぐ撤回してたからいいでしょう。さてこうなるとチャンピオンはなわ・一場コンビを誰が破るのかが注目ですね。

しかしこの企画を聞くとカレーが食べたくなるんですよね。ということで聞きながらカレーを食べました。ルーはもちろんグリコ2段熟カレーです。

実はこのイベント見に行こうと思っていたのですが、調べてみると都内からえらく時間と交通費がかかるようなので止めました。群馬ってけっこう遠いんですね。でもあの盛り上がりを聞いてると行けば良かったかな?
イベント現場の写真を撮ってTBSラジオに送ってくれたって話がありましたが、このイベントは撮影OKだったのでしょうか?たいがいラジオのイベントは撮影禁止なんですけどね。いつも思うのですがもし禁止なら放送で助長するようなことを言わずにしっかり写真を撮ったリスナーに注意してほしい。禁止しておいてあんなことを言っているなら、禁止とか言わずに気持ちよく写真を撮らせてほしい。禁止されれば撮らないけど、ホントはリスナーとしてはステージの写真撮りたいですよ。

「サンデーカラオケベストテン」はタイトルに“夏”が入る曲でしたが、「何も言えなくて夏」は名曲なんですけど、確かに今は何も言えなくてだな(苦笑)。「真夏の果実」もいいんですけどどっちかっていうと夕方聞きたい曲ですね。昼なら「夏色」の方がいいかな。「夏祭り」が1位!!しかもWhiteberryバージョンかあ・・・JITTERIN'JINN世代としては時代を感じますね。

「赤坂応接間」のゲストが石井ふく子さんでしたが、淡々と語られていて、しゃべり過ぎで時間が無いという感じじゃなくて、聞き入ってしまって時間が足りなくなったって感じですね。

白鷺の姐御

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」を聴いていると、恒例の天気の話をしていましたが、確かに東京は絵に描いたような青空ですね。気温が35度を超えるみたいですが、夏到来で、東京にもこんな青空あったんだって感じです。

オープニングトークは大相撲の話でしたが、私は生では大相撲を見た事がないんですよね。安住さん相撲好きなんですね。でも正しく言うと大相撲中継ファンで、他にも高校野球中継ファン、そして“放送している自分好き”だそうで。さすが放送人ですね。すべてに放送が絡みます。

私自身の思いを聞いて欲しいという言葉から始まったオンリーワンな大相撲問題ですが、安住さんは名古屋場所に非常に注目しているとか。その理由は、西の花道の通路脇、前から7列目に座っている通称“白鷺の姐御”の姿を1年に1度見るのが楽しみだとか。安住さんが今回の問題で心配したのは相撲界のことというより、“白鷺の姐御(姉御 or アネゴ?)”を見られるかどうかだったようです。生中継では無くなって、「ダイジェストじゃ写んねえんだよ」とアナウンサーにあるまじき言葉(ってほどでも無かったですが)で憤りをぶつけていました。でも幸いにも、力士の肩越しに水島上等兵の肩に止まるオウム(「ビルマの竪琴」ですね)のごとき白鷺が今年も舞い降りたそうです。しかし安住さん完全にその筋の“姐御”と決めつけてない?姐御ご本人は相撲中継ファンにこんな風に言われている事をご存知なんでしょうかね?まあ、それほどドレスアップされているということは中継で写っているのはご存知なんでしょうね。
“白鷺の姐御”は吉田照美さんのラジオでも話題だそうで、そこでは“ハクビシン(白美神?白美人)”だそうで。なんか“白鷺の姐御”の方が想像上のイメージはいいなあ。

録画画像を詳しく見て“白鷺の姐御”が老眼鏡をかけているのを見つけて少々がっかりされたようですが、老眼鏡ひとつで“庶民的な鳥になった”はちょっと可哀想なんじゃ?“老眼”って言葉がすごく歳いった印象を与えますが、けっこう早く来るんですよね・・・安住さんもあと数年でそろそろお世話になるようになるかも。姐御の老眼鏡への中澤さんの「余計なお世話」のツッコミが素敵でした。そう、安住さんがおっしゃるとおり、この話、老眼鏡以外も全部“余計なお世話”です(笑)。

そんな中継の見方はいかがでしょうか?の皆様へのオススメの後に「しないよね」の一人ツッコミがありましたが、うん、しないと思う(笑)。
熊教中にしても醤油にしても、安住さんの自分が好きな事に関するトークは熱くて素晴らしく面白いですね。

今回「さばいてにち10」の担当は外山アナじゃなかったですね。この後の「日曜サンデー」が外山アナ担当だから打ち合わせとかでピンチヒッターになったのかな?

遺跡発掘の第一線のもっとも下っ端というコミカルなご紹介で始まった「ゲストdeダバダ」は「東京発掘物語」の著者、遺跡発掘作業員の里山春樹さんでしたが、我が地元の関西では人の住む歴史が深いので掘れば遺跡が出ると言われたりもしますが、関東でもけっこう出るんですね。でも江戸時代や鎌倉・室町あたりでも遺跡っていうんですね(あたりまえか)。関西だと弥生時代とか大和朝廷くらいのものも多いからもっと昔のモノをイメージしていました。しかし“道”の遺跡って解るんですね。皇居の遺跡って天皇家の凄いものが出てきそうですけど、考えてみれば江戸時代は江戸城ですから、徳川将軍家ゆかりのものは出ても、天皇家がらみなものは京都の御所とかの方が古い物は出てきそうですね。

今回のメッセージテーマは「英語の思い出」でしたが、ABCの歌って「キラキラ星」のメロディなんだ。なるほどね。今更気付きました。いたずらに歳を重ねていますが、まだまだ知らない常識があります。歌の紹介がありましたが、私が記憶しているのとも違うなあ。私が覚えているのは安住さんが最後に歌ってたやつに近いです。
“英語”と“A5”の間違いの話、スタジオでウケてましたが、これオフィスでたまにあるんですよね。話していると途中で「あれっ?何の話してるの」ってなることがたまにあります(笑)。
よくメッセージコーナーで「10代で日曜朝からからAMラジオとは感心ですなあ」みたいなセリフが聞こえますが、たぶん今からAM聞いて面白いと思う人は、ラジオから離れなければずっとAM聞くんじゃないかなあ。三つ子の魂百まで的なところがあるので。私も10代後半にFMに浮気したことはあるけど、結局こじゃれた雰囲気に付いて行けずにすぐ戻りました(苦笑)。それ以来少々疎遠になった頃もありましたが、ずっとAM好きです。まあ、私の子供の頃は10代でAMは極々当たり前だったんですけどね。

今夜もフルぶっかけ!?福山雅治さん3連続ぶっかけ?

ニッポン放送「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”」を聴いていると、梅雨明けの話から始まりました。確かにこの放送日の東京は“夏!”って感じの天気でした。
石橋凌さんの目の前でA.R.B.の曲を歌いまくって、そんなファン嫌だっていう話でしたが、素人だったら嫌でしょうけど、福山雅治がファンだって言って目の前で熱唱してたら嬉しいんじゃない?

前回の放送後にお酒を飲んだらしいですが、福山さん酒飲む順番とか指導するんですね。嫌な酔っぱらいだなあ。好きに飲めばええやん(笑)4時まで飲んでたって四十路越えても元気ですね。

今週もフルぶっかけと聞いて、一体何?と思ったら「Revolution//Evolution」ですか。インストの曲ね。う〜ん、ぶっかけっていってもチョロ出しとか上越えていっちゃった感じかな。インストもいいんですけど、やっぱり歌モノの方がいいなあ。インストの曲の話になるとグッと話が専門的になってミュージシャンって感じになりますが、私は全然音楽に詳しくないのでちょいと?な感じになります。

「け」で始まる発表って聞いて、「結婚!!!?」と思ったリスナーさんもいたでしょうけど、9割以上のリスナーは、「結婚って思わせたいんだろうな」と鼻で笑っていたんじゃないでしょうか?この国の国民は国王が右を向けば右を向く従順な国民ですが、アホでは無いと思いますよ(笑)
で、何の発表かと思えば8月11日シングル「少年」「蛍」両A面で「Revolution//Evolution」も入って発売ですか!!予想外に早かったですね。CDは来年かな?とか思っていました。今回は3パターンですか。ファンの方は3パターン全部買うんでしょうね。ああいう言われ方したら“すっぴんのましゃ見た〜い”ってなるんだろうなあ。私は今回は“かけそば”だな。「少年」をCDで聞きたいです。しかし、あんまり値段連呼されると嫌らしいなあ(苦笑)。
ファンクラブなあ・・・入ったらライブのチケット取れたりするのかなあとか思いますが、入会するか迷う所です。なんかおっさんが福山雅治ファンクラブ入会っていうのもねえ(苦笑)

「龍馬伝」での大殿様と武市の牢獄のシーンって認められたの?みなさんそういう解釈なのかあ。私には忠義につけ込んで懐柔策でさっさと腹切らせた汚いやりかただなって解釈でした。
部長から腹を切れの例えがありましたが、実際に腹は切らないけど、お殿様の機嫌損ねて・・・ってのは今の会社社会でもある話だと思います。まあ、個人的には腹を切れとまで言われたら脱藩浪士になりますね(笑)。
第3部の予告編見ましたが、面白くなりそうですね。ここからが福山龍馬の見せ場かなと思いました。

「魂リク」は「もう一つの土曜日」でしたが、我々世代では有名すぎるラブソングですね。家族カラオケでこれ歌ったりするんですね。

2010年7月17日 (土)

ニッポン放送のオールナイトニッポンアニメ特番

ニッポン放送の土曜日早朝の「ラジオアーカイブ 発掘!ラジオ天国」を聞くともなしに聞いていますと、今回はオールナイトニッポンのドラマ・アニメ特番を取り上げていました。

今はどうか解りませんが、昔私がアニメにハマっていた頃、劇場版アニメの上映があると、初回上映を見るために徹夜で並ぶのが流行っていました。今はそんなもんちょっと早く見たからどないやっちゅうねんって感じで熱意も無くなってしまいましたが、当時は情熱があって始発で難波等の大阪の中心部の大きな映画館に行って友達と並んだりしました。そういう時代背景もあってかニッポン放送では劇場版アニメの公開前夜などに1時〜5時で当時のオールナイトニッポンの1部・2部ブチ抜きでその作品の特番のラジオドラマなどが放送されていたりしました。

この1部・2部ブチ抜きっていうのがやっかいで、大阪での「オールナイトニッポン」のネット局のラジオ大阪では1部しかネットしていないので、ドラマが途中までしか聞けなくて中途半端で非常に腹が立ちました。何とかならないかと闇雲にダイヤルを回して、雑音まじりで続きが聞けたときは興奮したものでした。何のことは無くてKBS京都で聞いてりゃ通しで聞けたのですが、今でしたら何とでも知恵が回るんですけど、当時は子供だったので知識も無くて(苦笑)

今回は「幻魔大戦」の声優さんの挨拶とかの部分が流れていましたが、全く憶えてはいませんでしたが、あの特番たしか当時聞いてたよなあと懐かしい気分になりました。

年中無休のロケ芸人、東MAX登場

ニッポン放送の番宣を聞いていますと16日深夜の「オールナイトニッポンR」は東MAXこと東貴博さんがパーソナリティを務めるとか。「電話でGO!GO!」以来ラジオではお久しぶりな感じです。まあ、昼の番組には出ていらっしゃったので個人的にお久しぶりなだけなんですが。しかし「ヤンピース」のタイトル忘れないでくださいよ・・・

東さんは数年前、ニッポン放送で「ヤンピース」という夜の番組を月〜木の帯で担当されていました。もともとはデーモン小暮閣下の「日本全国ラジベガス」という番組をデーモン閣下が帯でやるのが音楽活動もあって体調管理的に難しいといったような理由で降板された後を受けて担当したのがきっかけで、その後「ヤンピース」と番組タイトルを変えて放送されていました。私は久々のデーモン小暮閣下の番組ということで「ラジベガス」を聞き始めたので、最初は「東貴博?もう聞かねえだろうな」と思って最初だけのつもりで聞いてみたのですが、これが意外と良い感じで、しばらく聞き続けるうちに東さんのラジオが好きになりました。同世代というのもあって話が共感出来るのと、リスナーに語りかけるような進行が聞いていて心地よいんですよね。
当時は東京ではなく生まれ育った大阪に住んでいたのですが、私は地元大阪のラジオが大好きだったので、昔から「オールナイトニッポン」以外の東京からのネット受けの番組はあまり聞きませんでした。特にMBSラジオの「ヤングタウン」や「おれたちやってま〜す」と被る22時台のネット受け番組はレギュラーで毎日とかは聞いたことがありませんでしたので、「ラジベガス」と「ヤンピース」を聴くのは珍しいケースでした。それだけ東さんのおしゃべりが個人的にハマっていました。

今回は座長を務める舞台の宣伝のようでしたが、個人的にはそういうしがらみ無しの近況フリートークを聞きたかったなと思いますが、そうもいかないでしょうから仕方ないです。でもやっぱり東さんのラジオはいいなと思いました。告知が無くてもたまに「オールナイトニッポンR」やって欲しいです。

「ヤンピース」放送中にもよくおっしゃっていましたが、「ヤンピース」を帯でやってたせいで、友達と夜に遊びに行けなくなって人脈を失ったなんて言う話をされていましたが、あるなあそういうの。仕事忙しいって言って一回断ると次から誘ってもらえなくなったりするんですよねえ・・・

矢部さんがんばって

15日深夜のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」は報道されたように岡村さんが休養ということで、やはり矢部さん一人での放送でした。お休みは残念ですけど、岡村さんにはしっかり休養をしていただいて元気になって戻ってきてほしいと思います。多くのリスナーはそう思っているのではないでしょうか。矢部さんが「ラジオ聞き続けてくださいよ」みたいな自信の無いセリフをおっしゃっていましたが、あなた方が長年育ててきたリスナーは、こんな緊急事態に聞かなくなるようなリスナー達じゃ無いでしょう。
1曲目の「My Revolution」は岡村さんへのエールだったんでしょうかね。

ということで矢部さん一人の放送だったのですが、まあ、一人といってもオープニングくらいで、あとはゲストとのトークでした。今回はバッファロー吾郎さんとケンドーコバヤシさんがゲストでしたが、おおっ「大人の時間」だと思いました。少し前まで大阪のMBSラジオでバッファローさんとケンコバさんと局アナの松本アナでそんな番組をやっていたのを思い出しました。
岡村さん休養中はこの形でいくのでしょうかね?ナイナイさんゆかりの芸人さんとやるのも、ちょっとスペシャルっぽくていいんじゃないでしょうか。個人的にはよゐこのお二人とやってほしいですね。平畠さんの名前も出ていましたが、平畠さんとのサッカートークも聞いてみたいですね。平畠さんラジオ上手いと思うんですけど最近声を聞く機会が無いですが、「ゴリラのつぼ」はまだ放送しているのかな?

さて、来週からは矢部さんが読むネタコーナーも始まるとか。矢部さんのネタ読みはどうなんでしょうか?まあ、名手岡村さんほどではなくても、門前の小僧習わぬ経を読むって感じで矢部さんも上手いんじゃないかなと思うんですけどね。

2010年7月16日 (金)

「不毛な議論」でイベントかあ

TBSラジオ「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」を聴いていると、夏に行なわれるTBSのイベントでこの番組のイベントも行われるらしいです。公開録音のようですね。まあ、学生さん向けの番組だから仕方ないですが、平日の夜6時では社会人リスナーはちょっと辛いなって感じです。8時くらいまでやるなら行けるのかな?行けたら行ってみたいですね。

宮崎あおいトークショーとか言ってましたが、呼べるもんなら呼んでみろやって感じですね。まあ、出ないんじゃないでしょうか(笑)宮崎あおいさんにああ言う感じのセリフ言わせて山里さんが「かわいいー」を連発するんでしょ。ある意味公開処刑みたいなもんですね。

本当の企画は公開合コンだそうで。なんじゃそりゃ?って感じですね。公開で素人イジリをやろうっていうことでしょうか?参加される女性リスナーはかなり厳しいんじゃないでしょうか?でも勇気あるチャレンジを期待したいですね。

2010年7月15日 (木)

岡村さんちょっと心配だな

ネットニュースを見ていると、ナインティナインの岡村さんがまた体調不良で休養というニュースが出ていました。こんなに何回もとなると、ちょっと心配ですね。少し長めに休養をとられた方がいいんじゃないでしょうか。当然今晩のオールナイトニッポンもお休みなんでしょうけど、しばらく静養していただきたいですね。

2010年7月14日 (水)

出馬の期待は

TBSラジオ「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」を聴いていると、田中さんに選挙に出ろと太田さんが勧めていました。でも、世間の期待値は太田さんの方が高いんじゃ?深夜のバラエティで参院選の話題を割と長めにって珍しいなと思いました。爆笑さんらしいといえばらしい気もしますが。

びっくりドンキーの話がありましたが、学生の頃よく行きましたね。安くて量が多いっていうのでよく友達に連れて行かれたものです。最近行ってないので、ちょっと行きたくなりました。

太田さん作詞の「We are SMAP!」が「日曜サンデー」に続いて流れましたが、いい曲ですね。ちょっと買いたくなってきました。ちんちんラプソティとか言っていましたが、照れ隠しなのかな。作詞秘話みたいなのもありましたが、なるほどなと思いました。いい話じゃないですか。無理矢理うんことか言わなくてもいいのに(苦笑)。

2010年7月13日 (火)

ブチ切れハイテンション・・・かと思ったら

今回のニッポン放送「城田優のオールナイトニッポン」はワールドカップでスペインが優勝ということでブチ切れハイテンションの城田さん・・・かと思いきや、ミュージカルで頭使いすぎて頭痛とかで割と普通のテンションでした。体調悪かったんでしょうかね?狂喜乱舞の放送をちょっと期待していたんですけどね。

ゲストがハイキングウォーキングさんでしたが、ライブスタンドの宣伝活動も活発になってきましたね。

2010年7月12日 (月)

ラジオは変わるのか

少し前になりますが、コメントでこのブログをご覧の方よりおすすめいただいたので、ポット出版さんというところのWEBサイトの記事を読んでみました。「談話室沢辺」というコーナーで、ゲストにTBSラジオ「ニュース探求ラジオ Dig」のプロデューサー鳥山穣さんとの対談で「ラジオは変わるのか」というものでした。ラジオ好きとして読んでいて面白いなと思いました。私がラジオを聞いていて感じる事を制作サイドの方も感じているんだなと思います。あとこれは私の主観ですが、TwitterやUstreamをラジオの究極最終兵器みたいな感じでは捉えていない感じがして、ちょっと安心しました。放送そのものの面白さっていうのは、当たり前ですけどやっぱり一番大きな要素だと思うんですよね。

いろんな試みを「Dig」ではされているようですが、毎日聞いている訳でもないちょい聴きリスナーが言うのは間違っているかもしれませんが、個人的な意見では「Dig」は前番組の「アクセス」よりもまだオーソドックスな印象を受けます。新味という点ではまだ何か出来るのではないでしょうか。抽象的な言い方になりますが、モラルを守った上での無茶苦茶が出来ればいいですね。毒舌とか体制批判とかじゃなくても「思い切ったことやるなあ」と思えるような、そういうのが聞きたいなあ。ラジオの良さってそういうところもあると思うんですよね。

ラジオ放送が始まってもう何十年も経つ訳ですから、その間に局の方々も日々新しい事を考えてきた訳ですし、正直そんなに新しいものがポンポン出てくるようなことはないと思っています。だけどラジオを聞いていて「ちょっと新しいな」とか「面白い企画だな」とか思う事は今でもありますので、ただのリスナーとしては無責任ではありますが、その可能性に期待したいんですよね。

2010年7月11日 (日)

ゲストがささきいさおさん

TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」を聴いていますと、噂の太田光さん作詞、久石譲さん作曲のSMAPさんの曲が流れていました。「カーボーイ」よりこっちで先に流すんですね。田中さんからいい曲とは聞いていましたが、壮大でホントにいい感じの曲ですね。話題になるかもしれません。一回聞いただけではありますが、印象では普段の太田さんの言動からちょっと考え辛い優しくまっすぐで素直なイメージの歌詞ですね。「譲とはね」とかボケておっしゃっていましたが照れてたのかな?

太田さんが参議院選挙の投票に朝行った時に投票箱の確認をした人がリスナーさんの息子さんだったっていうお便りがありましたが、こういうエピソード面白いですね。思わぬところで繋がるものです。

ゲストがささきいさおさんでしたが盛り上がってましたね。確かに名前に“さ”が多いですね(笑)。「宇宙戦艦ヤマト」はいいですよね。特にあのイントロが良いんです。あのイントロ聴くとちょっとテンションが上がるような気がします。放送で聞きたかったなあ。「グレンダイザー」がフランスで視聴率90%以上という話でしたが?ですね。なんてことないマジンガーZの延長線上的なアニメでしたけどね。角ついてたからマジンガーZよりは子供心には少々カッコ良くはありましたが。
週末久しぶりに映画を見に行きまして、そこで「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の予告編を見ました。割と映像が本格的なSF映画っぽい作りでへえ〜っと思った半面、このリアル感ある作りでもコスチュームは実際の戦闘服っぽい物じゃなくて、原色矢印モチーフのデザインじゃないといけないの?と思ったし、ヤマトはこのデザインじゃなきゃいけないのか?と少々疑問に思いました。まあ、ヤマトはあの戦艦デザインじゃないとヤマトじゃないんですけど、他がSTAR WARS的な宇宙船のデザインなのにヤマトだけまさしく“船”なのがなんかなあ・・・って感じがしました。あの形の宇宙船を、ましてや土中に半分埋まったままで作って宇宙に飛ばす方が技術的にアホらしいほど難しいよなあとか実写ゆえに変に考えてしまいました。アニメの時はそんなこと思わなかったんですけどね。ああいうイメージが確立している物のリメイクは難しいですね。

江藤アナいい感じですね。爆笑さんの底意地悪いフリにも変にノリ過ぎず、さりとてシモ系にも引き過ぎる訳でもなく、アナウンサーとしての品を保ちながら親しみ易さも感じさせるおしゃべりで、アナウンスも落ち着いた感じでリスナーに好印象を持たれるんじゃないでしょうか。

来週は第3回グリコ2段熟カレー手売り対決だそうですが、見に行こうかなと思うものの群馬は遠いなあと思います。行った事ないですが東京からだとけっこう距離ありますよねえ。23区内でやってもらえないのかな?前回は知名度に勝るはなわさんの圧勝でしたが、今回は原口あきまささんだからいい勝負になるんじゃないでしょうか?グリコ様はコレの為にスポンサーについてくださったんでしょうから、たくさん売れてほしいです。

安住紳一郎を落ち込ませる大阪ラジオの雄

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」を聴いていると、我が地元大阪のラジオの大御所浜村淳さんの話をされていました。浜村さんは深夜の通販番組とかもやってるんですね。ラジオショッピングなどでは浜村さんがしゃべれば売り上げ数字が格段に変わると言われているそうです。関東ではあまり馴染みがないかもしれませんが、声を数秒聞いただけで「ああ浜村さんだな」と解るくらい特徴のあるおしゃべりをされる方です。

浜村さんのラジオ番組を何者をも寄せ付けないって言う風に紹介されていましたが、MBSラジオ限定であればその通りなんですが、全局だとそういう訳でも無く、もう一つABCラジオの朝の超看板番組「おはようパーソナリティ道上洋三です」という番組があって、この2強が大阪の朝のラジオでは30年以上の長きに渡ってバトルを展開しています。ラジオ番組なんて世間に全然知られていませんが、この2番組は大阪では普段ラジオを聞かない人にでも相当に認知されていると思います。簡単に言えばラジオと言えば浜村淳か道上洋三と言われるくらいの存在です。私はこの2番組は大阪ラジオの宝だと思っています。
私は「ありがとう」を10年くらい、それからスイッチして「おはパソ」を5〜6年くらい聞いていましたが、この2番組は個人的には朝の番組としては東京のAMのどの朝ワイドよりも面白いと感じています。大阪から東京に移ってきて、全体的にはラジオリスニングライフは大阪にいた頃より充実しているのですが、朝の番組だけは大阪の番組の方が面白いので聞きたいんですよね。

安住さんは元気が出なくて「助けてくださ〜い」と関東の中心で愛を叫んでいらっしゃいましたが(笑)、中澤さんってけっこう番組始まる前に安住さんの元気度チェックしてらっしゃるんですね。元気が無いとフォローの覚悟を決めたりとかあるのでしょうか?めんどくさいメインパーソナリティですね(笑)。元気じゃない人間はマイクの前に座るべきではない・・・ですか。う〜ん、安住さん以上に・・・な人がいるかもね。何人かのリスナーさんはあの話で頭に何かが浮かんだかもしれませんね。

館林が合併したとか浜村さんの番組を「おはようございます浜村 淳です」と言ったりとか今回は間違いが多かったですね。
ちなみにエンディングでおっしゃっていたのもちょっと違って、浜村さんの大阪MBSラジオの超看板番組の正しい番組タイトルは「ありがとう浜村 淳」じゃなくて「ありがとう浜村 淳です」です。

安住さんが高校野球の予選を見に行ったらしいですが、どちらかのチームかの応援席に座ると甲子園を狙うようなチームだと、父母会や後援会の方が「OBの方ですね」という風にお茶などを出してくれるらしいです。見に行ったことがないので知りませんでしたが、そういうのあるんですね。安住さんはお茶をもらったら一転そのチームの応援に回るらしいです・・・まあね、現金ですけど人間ですもの。それが人の情ってもんですよね(笑)。
応援団の学校間格差ってあるでしょうね。私は公立高校で全然野球が強くも無い高校でしたが、現役の頃に母校の野球部の応援なんて聞いた事が無かったですもの。仕方がないこととはいえ、片やブラスバンド・チアリーダーの大応援団、片や応援ゼロはなんかなあ・・・ですよね。試合が始まってしまえば選手は試合に集中してそれほど気にならないかもしれませんが、観客ゼロのスタンドに一礼・・・確かに見ている方は泣けてきますよね・・・

サンライズ系の新聞社とエブリデイ系の新聞社って妙な表現がありましたが、少なくともエブリデイ系の新聞社は関係性があるから伏せなくていいんじゃないんですか(笑)?そして産経や読売は伏せなくていいのでしょうか?安住さんの話によると高校野球の取材って新人の女性記者が多いらしいですが、新人は解りますが女性が多いのは意外ですね。立って取材が基本らしいですが裏で座るの座らないのというバトルがあるらしいですが、安住さんおばちゃん的によくそういう裏舞台見ていらっしゃいますね。ケーブルが邪魔っていうおっちゃんのモノマネも少々悪意が入っていませんか(苦笑)。

今回のメッセージテーマは「カバンの中に入っているもの」で、先日少々電話出演で上手くいかなかった鼻こよりのリスナーさんが、あの放送から常時こより携帯でトレーニングされているそうですが、そんなに頑張らなくても・・・いつか成果がラジオで聞ける日を楽しみにしておきます。
安住さん、常連リスナーさんのお父さんの話とか覚えていらっしゃるんですね。新宿駅のトイレに粉を・・・面白い話なんですけど、モノがモノだけにいまいちスッキリ笑えないような気が・・・ご本人が気にされていなければいいんじゃないでしょうか。
常に辞表を鞄に入れて覚悟を持って仕事に望む上司の話がありましたが、熱い話ですね。私はこういう話好きだなあ。最近そういう仕事トーク出来てないなあ。
バッティンググローブを常時携帯しているというエピソードがありましたが、その常備効果は疑問ですけど、普段やってなくてバッティングセンターとか突然行って打つと手が痛いんですよね。打ちたいなら持っていて損は無いかも。
キノコの置物・・・子宝の神社・・・変態の陰口・・・知らないっていうのは怖いですね。参議院選挙は関係無いけど自由奔放だ(笑)。
高校生の娘さんの鞄の中身を覗いたって話がありましたが、黙って見るのは良く無いですねえ。割り箸6膳だったから良かったですけど、平ぺったい輪っか状のゴムが入った袋とか出てきたらお父さん複雑だったんじゃないですか(笑)

「おでかけリサーチ」では電子書籍の話が出ていましたが、iPadもちらほら電車で見かけるようになりましたね。まだ珍しいのでつい持ってる人を見てしまいますが(今アレを持ってるってことは逆にちょっと“見て欲しい”意識もあるような気もするんですが)、あれiPhoneと違って立って持つには少々デカイ感じがしますね。見慣れたら気にならなくなるのかな?さて電子書籍は読書革命を巻き起こすのでしょうか?

「さばいてにち10」のコーナーは大相撲の話題でしたが、割と近年の千代の富士関の時代でも視聴率50%以上とかあったんですね。個人的には不祥事が無くても相撲中継は見ないなあ(まあ、平日は仕事中なんですが)。今は視聴率1ケタですか。ドラマの再放送にも負けてるんでしょうかね?

ゲストはDNA鑑定の専門家の櫻井俊彦さんでしたが、犯罪捜査でのDNA鑑定って科捜研意外に民間でもやってるんですね。DNAで顔形まで予測出来る可能性があるんですね。へえ〜。今は本人が居なくても子孫のDNAから特定できるっていう話がありましたが、すごいもんですね。

「オードリーのオールナイトニッポン」はポジティブラジオ?

ニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン」を聴いていると、このラジオがポジティブラジオだという話をされていました。ネガティブラジオでは無いと思いますが、そんなにこの番組ポジティブでしょうかね?

春日さんの政界進出の話が出ていましたが、別に出ても良いけど止めといたほうがいいんじゃない?と思いますけどね(笑)
若林さんの漫才好き?の問いに対しての春日さんの嫌いじゃないよの答えになんで若林さんはあんなにウケるのでしょう?そこまで面白かった?なんか若林さんの中でスイッチが入ったんでしょうね。漫才師さんのラジオでの話を聞くと、フリートーク、コント、レポーター、バラエティでのゲームとかいろいろお笑い芸人さんの活躍の場はありますが、漫才っていうのは特別の思いがあるみたいですね。

むつみ荘で白ワインって話がありましたが、別に飲んでも全然いいんですけど、なんか滑稽な感じもしますね。春日イズデッドって何なんだ(笑)

TOKIOの長瀬さんと五分かどうかは解んないですが、ラジオパークでお姿拝見したところでは春日さんは爽やかな好青年的ルックスですけどね。若林さんの春日さんへの彼女トラップはなかなか成功しませんね。

やっぱナッツでしょって話がありましたが、芸人生命終わらせる気ですか(笑)営業ではいいかもしれないけどテレビじゃナッツはマズイでしょ。

ドラマ仕立ての新番組で若林さんが女優さんを抱きしめるシーンが多いらしいですが、春日さんやバナナマンの日村さんだとコントになり、イケメン芸人だとハマり過ぎて、若林さんが中途半端でちょうど気持ち悪くていいらしいです。そういう言い方もなんかなあって感じですね。でも腰引いて手の輪の中に入れる感じの抱きしめ方だと確かに滑稽だな(笑)
若林さんが女優さんのアドリブの悪口でことごとく「目え開いてんのか」と言われるというお話でしたが、う〜ん、まあ細いと言えば細いけど特におかしくは無いと思いますけどね。そのくらいしか外見的に悪口言うとこ見つからなかったんじゃないでしょうかね?
若林さんの演技がいかにぎこちなくても加藤ローサさんは噴いちゃダメでしょう。芝居なんですから。
春日さんへのプライベートで抱きしめたことあるんですか?の問いの後の「へへへへ」でジングルに入るくだり、マジでこれなんですか?って感じでしたね。あのノリ何だったんだろう?

春日さんが名古屋から大阪へ遊びに行ったって話をされていましたが、ちょっと遊びにっていうにはかなりの距離がありますけどね。さすが売れっ子芸人で豪気ですね。大阪っていうより神戸に行かれたのかな?六甲はデートスポットとして有名なところです。走り屋のメッカとしても有名ですが。中3で春日さんが家に来てテンション上がらないってことあるんでしょうか?照れてたんでしょうかね?

若林音頭のコーナーでの民謡のリスナーさん、小学生の頃に習ったって話だからどんなものかと思ったら想像以上に本格的でしたね。

「電話で全国調査」のコーナーでリスナーさんから“バリ3”っていうのがありましたが、久しぶりに“バリ3”って言葉聞いた気がしますが今でも言うんですね。今日彼氏が出来ましたとかいう話でしたが、うれしいんだろうな。青春だな。まあ、高校生で行かなくていいと思うけど、すぐ3塁ベースまで行っちゃうんだろうなあ。高一にイジられる春日さんっていいですね。“オードリーのOバック”マジでいいんじゃないでしょうか?売れると思いますよ。

「あ〜ナッツやすみ〜」・・・駄洒落なんですけどなんかウケました。

福山雅治さんの新曲「蛍」宇宙初フルぶっかけ

ニッポン放送「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”」で福山さんの新曲「蛍」の宇宙初フルぶっかけ(フルコーラスオンエアのこと)がありました。ドラマを見ていないので初めて聞くんですよね。で、聞いてみた感想は、個人的にはいい曲だと思うけど、正直そんなに胸には刺さらなかったかったかな。申し訳無いけど「桜坂」を超える曲とは私は思わなかったなあ。ドラマの主題歌だからドラマの中で流れているのを聞くとまた印象が違うのかもしれませんけどね。
こんな透明(綺麗でしたっけ?)な曲初めて聞きましたっていう感じのお便りに福山さん笑っていましたね。リスナーさんはそう思ったのですから全然それでいいんですけど、何千何万とある曲の中で「蛍」は最高とは福山さんも思えなかったんじゃないですかね?

今回はシークレットベース(ってどこ?)からの放送でしたが、凄いゲストっていうから誰かと思えば蛍さん50匹ですか。オープニングから変なラップみたいなメール読みで始まりましたが、おっちゃんとしては女の子がガマン汁とか言わないで・・・と思ったりしました。
妙なテンションで「ラジコ〜〜」とか叫びながら番組が始まりましたが、タイトルコールがカミカミでしたね。何年か聴いていますけど国王がタイトルコールを噛んだのを聞いたのは初めてだったような気がします。
七夕に電波がクリアになるようにお祈りしていたメールのリスナーさんはどこにお住まいですかね。パソコンで聞けるradikoは東京と大阪の近辺しか聞けないんですよね。パソコンで聞けるっていうときは全国ネットされている番組では一言付け加えておかないと誤解を生むと思います。北海道や福岡などで聞いているリスナーさんはパソコンでは通常は聞けないですから。

リスナーさんの片思いの話、「ありがとう同じ街に生まれてくれて(でしたっけ?)」は確かに片思いの告白の言葉じゃないような気がするなあ。告白だとされたほうは「はあ?何が?」って感じだろうな。心が繋がってこそ「ありがとう」の意味が出てくるんじゃないでしょうかね。

「龍馬伝」が上半期のドラマで視聴率トップだという話ですが、ファンの方々の推す気持ちは解るのですが、「龍馬伝」じゃなくても大河ドラマは毎年上位にくるんですよね。武田鉄矢さん・・・土佐の女は舐めたら・・・ど下ネタすぎる・・・
福山さんが抱いた時だけ赤ちゃんが泣くっていう話ウケました。赤ちゃんと接する機会あんまりないでしょうからね。
幕府側から見た坂本龍馬のドラマは面白そうですね。いままでとは違った坂本龍馬ドラマが出来るかも。

よくそんな綺麗な歌詞が書けますねの問いに、汚れれば汚れる程書けるんですよのセリフは思わずニヤリとなりました。冗談でおっしゃっているんでしょうけど、ある意味真理かもなと思いました。

2010年7月10日 (土)

ザ・パンチ・パンチ・パンチ

ニッポン放送の土曜日早朝に「ラジオアーカイブ 発掘!ラジオ天国」という番組があります。タイトル名通り昔の音源を流して往時を偲ぶという趣の番組で、「オールナイトニッポンR」の後の番組なので少し聞いたりすることがあるのですが、いい歳のおっさんの私でも知らなかったり覚えていないくらいの世代の番組が多く、個人的には懐かしさはほとんど感じなかったりします。まあ、私は大阪育ちなので昔のニッポン放送の番組を知らないっていうのもあるんですけどね。鶴光さんのオールナイトくらいの頃の「オールナイトニッポン」のアーカイブだったら懐かしいんですが。

今回その中で「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」という番組の音源を流していました。ウィキペディア情報によると60年代後半から80年代初頭くらいの番組で女性パーソナリティだけでトークする、今で言うところのガールズトーク番組のようで、後に流行る文化放送の「ミスDJリクエストパレード」などの先駆け的番組だったとか。私は全く聞いた事の無い番組です。形だけでいうと今の番組なら「AKB48のオールナイトニッポン」とかMBSラジオ「飛び出せ!イマドキッ」みたいな感じでしょうか。
今回流れていたのは硬派なバージョンだったらしく、当時の時事問題を語っていた模様でしたが(この頃の番組って深夜の若者向け放送でもそういうテイストを加えるのも多かったみたいですね)、柔らかいトークや深夜ならではの下ネタテイストも盛り込まれていたようです。

これを聞いて、現在放送中のMBSラジオ「まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」の源流みたいな番組があったんだなあと興味を持ちました。「まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」は大阪ローカルの番組で、深夜2時から(ナイター中継の影響により時間変更あり)の東京スタジオからの生放送で、よゐこの有野さん、南海キャンディーズの山里さん、TKOさん、古瀬絵里さん、そして松本さゆきさん、岡田佑里恵さん、次原かなさんはじめ10人前後のアイドルパーソナリティが出演する、経費削減の嵐のラジオにおいて超深夜によくこんな番組が作れるなと思うような大人数の番組です。全国のラジオ番組を把握している訳ではありませんが、ちょっと他に無い番組だと思います。
この番組はMBSラジオの歴史的名番組「MBSヤングタウン」の流れを受け継いでいる番組なので、東京系の番組との直接的な関連は無いと思うのですが、女の子をたくさん集めてワイワイ話すという発想の番組が半世紀近い前にもあったんですね。まあ、後におニャン子クラブとかオールナイトフジとかソレ系の企画はたくさん出てくるのですが。

「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」の説明の中で、最初は女性10人でやろうという企画だったそうですが、ラジオで10人はガチャガチャになるという事で最終的に3人に落ち着いたそうです。まあ、ふつう10人も出演者がいたらそうなるでしょうね(笑)。ただ、MBSラジオの他人数番組は上手くハマるとけっこうガチャガチャならないんですよね。個人的に制作サイドとメインパーソナリティに「ヤンタン」以来の何か伝統のノウハウがあるのかな?と思ったりします。一度にしゃべらないようにする番組構成とか、それだけの人数に話を振るメインパーソナリティのテクとか(よゐこさんがこれ上手いんですよね)、やり方次第ではワイワイ感を持たせつつガチャガチャならない、独特の楽しい雰囲気の放送になると思います。

この「まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」、大阪以外の局でもネットしないかなと思います。出演者的にも全国でもいけるような気がするんですけどね。大阪ローカルではもったいないと感じます。TBSラジオで3時〜4時だけでもどう?とか思ったりします(生放送では途中からの放送になるので番組構成が難しいか?)。どうせ赤坂のスタジオから放送しているんだから。

ちょいと自由すぎじゃないかい?

TBSラジオ「ニュース探求ラジオDig」を聞いていて、水野真裕美アナちょっと自由過ぎない?と思いました。

アナウンサーたるもの噛んではいけないとは私は思わないし、常に放送されている事を意識し、友達としゃべっているように話してはいけないなんてことも思わない。思わないけれどあんまり何回も頻繁に噛まれるとちょっとげんなりな感じは正直します。局アナやフリーアナとタレントパーソナリティの違いは、一概には言えませんけど、あまり噛まないことによる聞き易さや、おしゃべりの品の良さ的なとこはアナウンサー系パーソナリティの良さとしてあると思います。面白いのと雑に聞こえるのはちょっと違うんじゃないでしょうか。水野真裕美アナにはその辺もう少し頑張ってほしいなと思います。そうすれば魅力がもっと出るんじゃないでしょうか。

大根さんに「友達なの?」と突っ込まれていましたが、「次は優香です」はねえんじゃねえか?呼び捨てかよ・・・と思いました。まあ、お詫びしてたからいいけれど。なんか時間が非常に気になってたみたいですね。まあ、アナウンサーはカチッとしゃべってほしいっていう勝手な思い込みもあるし、面白く聞こえる時もあるんですけど、なんか今回はちょっと気になりましたね。

2010年7月 9日 (金)

ティクシーの中のおもらしFC

ニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」を聴いていると、矢部さんは放送局によってワールドカップの優勝国予想を変えているという話がありました。まあ、いろいろ微妙に言い方は変えてるんでしょうけど大人のズルさだなと思いました(笑)。でもスペインのサッカーが好きっていうのは始まる前からおっしゃってましたね。

矢部さんがタクシーで大をおもらししてしまったという話をされていましたが、大人が情けない話ですが、そういうことありますよね(苦笑)。ただ不思議なことにズボンまで到達することってあんまりないんですよね。タクシーの座面が茶色くなってないならいいんじゃないでしょうか。

すごろくのコーナーが始まりましたが、正直言って個人的にはピンと来ませんでした。なんかどうかなって感じですね。この先ハネるのでしょうか?

「夜明けのスキャット」のネタウケました。あそこをイントロと考えると長げえんだよなあ(笑)。しかしこのコーナーは出る曲出る曲昔の曲が多いですねえ。

2010年7月 8日 (木)

不毛な議論は男のラジオ

TBSラジオ「山里亮太 不毛な議論」を聴いていると、山里さんが武田修宏さんのお誘いに乗ってはしゃぎに行ってみたらしいです。勝手な想像なんですけど山里さんって話に出ていたような遊び方はあんまり好きじゃないタイプだと思うんですよね。話を聞いていて「ああ、ラジオでしゃべる為にネタ拾いにいったな」と思いました。しかし武田さんもこんな公の電波でネタにされるとは思ってなかったんじゃないでしょうか?(いちおう「ネタにしますよ」と断っているのでしょうか?)あの話聞いて武田さんモテるなすげえなと思った人より軽り〜なと思った人の方が多いんじゃないか?と思ったのは私だけでしょうか?オチの話が無かったような気がしますが、結局山里さんは外国人女性と楽しい一夜は過ごせたのでしょうか?

「即席ビフォーアフター」のコーナーでの宮崎あおいさんのネタ、妄想ここに極まれりって感じですね。聞いていて“男のラジオ”だなと思いました。女性リスナーなんかは鼻で笑ってんだろうなあ。しかし宮崎あおいさんって結婚してんでしょ。人妻相手によく学生時代の同級生みたいな妄想が出来るもんだなと感心します(イメージ的な理解は出来ますけどね)。

「モテない替え歌」はあいかわらずひどいですね。何回チンポが出てくるのやら・・・今一番シモネタのひどいラジオは?と問われたら、この番組かもしれないなあ。「城田優のオールナイトニッポン」のエロ妄想なんかも下ネタとしては結構たいがいなんですけど、全く異質な趣です。下ネタが多いとかキツいとかじゃなくて個人的には“ひどい”という表現が頭に浮かんできますね。ホント「不毛な議論」は「男のラジオ」って感じだなあ(苦笑)。

来週は「小栗旬のオールナイトニッポン」復活か

ニッポン放送「いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン」を聴いていると、世の流れに逆らわず吉岡さんもサムライブルーの活躍を見ていたようで川島選手に注目だとか。で、ベルギーのチームと契約するという話でベルギーというワードでワッフルしか出て来ないのがいかにも吉岡さんらしいなと思いました(笑)。

来週は吉岡さんがお休みで久しぶりに「小栗旬のオールナイトニッポン」が復活らしいです。終わってからそんなに経ってる訳でもないのに何故に突然復活?と思ったのですが、よく考えてみると、ああ、あれかと気付きました。初監督映画のプロモーションですよね。納得です。

2010年7月 7日 (水)

生放送ならではの出来事

TBSラジオ「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」を聴いていると、今週も生放送でした。生放送ならではの出来事として気象警報か何かが発令されて、田中さんが原稿を読んでいらっしゃいました。ちょっとへえ〜っと思いました。

深夜バラエティなんかでは局アナやフリーアナのパーソナリティが担当されている場合はそのままパーソナリティが原稿を読みますが、芸人さんやアイドルのパーソナリティなんかだと、局アナの方が入ってきて読んだり、報道スタジオに一時的に切り替えて放送したりすることが少なく無いように思います。女性アイドル系のパーソナリティなんかはフリートークが元気よくても漢字が並んだ原稿になると急に元気が無くなる人もいますからねえ(苦笑)。

そういう意味では田中さんはさすがベテランと思いました。局アナのようにはいかないとしても落ち着いて聞き易いアナウンスだったと思います。それが解ってるから局側もそのまま田中さんに読ませたんでしょうね。

2010年7月 6日 (火)

いえでんか・・・

ニッポン放送「城田優のオールナイトニッポン」を聴いていると、城田さんは背が高いのでライブとかイベントとかで後ろの人が見えなくならないように気を遣うという話をされていました。背の高い人って見えやすくていいなと思っていたのですが、意外に気を遣うもんなんですね。

リスナーさんのおたよりで生徒会長と副会長の秘密の交際なんて話がありましたが、おっさんから言わせていただければ、いいねえ青春だねえって感じですね。その流れで盛り上がって携帯より家の電話で異性に電話する方が青春度高いみたいな話が出ていましたが、それは昔を振り返って考えるからじゃないかなと思ったりします。甘い思い出も残ってるし。携帯世代には携帯世代ならではのドラマが多分あるんじゃないかなと思います。

エロ妄想は擬人化バージョンが続いてますね。今回は鉛筆か。“しろぶさ”は続編ですか。

エンディングのリスナーさんのお父さんのお話・・・しみる話だなあ。

2010年7月 5日 (月)

moumoon YUKAさん、いい雰囲気だと思う

ニッポン放送の土曜深夜の「オールナイトニッポンR」は4月から週代わりで4人のミュージシャンパーソナリティが月イチで担当されています。申し訳無いながらSISTER JETさんは2回くらいしか聞いていないのですが、moumoonのYUKAさん、miwaさん、近藤夏子さんは何気に毎回録音で聞いていたりします。割と3人とも明るいテンション高めの放送なのですが、三人三様で雰囲気も違っていて楽しいです。パーソナリティをレギュラーで固定した方がいいのになと思っていたのですが、これはこれでいいのかもしれません。

7月3日深夜はmoumoonのYUKAさんが担当でした。前の番組がオードリーさんの番組なので芸人ラジオファンの方は物足りない感じだと思いますが、芸人ラジオ以外も聞く私としては、けっこういい雰囲気だと思います。好みはあるんでしょうけど、曲聞いても思うのですが、声が耳に心地いいんですよね。かわいくて柔らかい声で、少々進行が拙くても笑いが甘くても、まっいいかって気になります。こういう放送を聞くとラジオは声が最強の武器になると思いますね。
こんなこというと何なんですが本体の1時〜3時枠じゃなくてR枠だし、全てにおいてハイクオリティじゃなくても、何か一つでも強いとっかかりのあるパーソナリティがやるのも良いと思います。

この番組で「Sunshine Girl」を聞いていいなと思って買おうとしたのですが、たしか500円のはずが、プレミア価格なのか3倍くらいの値段になっています。それだけ払うんだったらニューリリースのアルバム買うかって気分になっています。
これは個人的な傾向かもしれませんが、私がCD買うときってだいたいラジオで聞いてというのがキッカケなんですよね。ラジオリスナーの皆が皆そういう傾向じゃないかもしれませんが、ラジオでのプロモーション活動っていうのもバカにしたもんじゃないかもしれません。

2010年7月 4日 (日)

お天気でバトル?安住紳一郎VS中澤有美子

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」を聴いていると、恒例の天気の話題で今週雨が多かったかどうかで少々安住さんと中澤さんがモメだしました。「けっこう食い下がりますねえ」といつものようにネチネチチクチク安住さんが中澤さんを攻撃していたのですが、ロケで毎日東京にいなかったのなら安住さんの負けじゃないんでしょうか?

地元北海道のロケで実家のペットのミィちゃんに会いたくなった話をされていましたが、36歳の息子が突然帰ってきて「ミィちゃん遊ぼうよ」っていう声を聞いた近所の人はちょっと・・・と思うような気もするなあ・・・しかもTBSの安住紳一郎アナウンサーだもんなあ。ハードな都会の生活に心を痛めて・・・とか思ったかも?
昔、安住さんは彼女に猫と人間どっちが大事なの?と詰め寄られて「猫」と答えて別れられたそうですが、まあ、その一言だけじゃないんでしょうけど、そりゃ怒るわなって感じの一言ですね(笑)。ミィちゃんは世界一カワイイらしいですが、ペット買ってる人は大抵自分が買ってるペットをそう思ってるんだろうなあ(笑)。

先週のスペシャルウィークのプレゼントの応募がインターネット放送の影響もあって非常に多かったとか。radikoがもし全国化したら人気番組はこんな感じで全国から応募がくるようになるんでしょうね。応募が多かったせいかメールトラブルが起きて、集計後に届いた正解メールが多くて、正解者が少ない場合の高額商品を予定以上の多人数に送る事態になってしまったとか。また予算オーバーのようですがエアロトに続きロト企画は嵐が吹きますねえ(苦笑)。

ゲストが「にち10」のポストカードを手がける画家の山口晃さんでしたがアーティストアーティストしていない方で個人的に好印象でした。お話も軽妙で面白かったです。

尊敬されたい?オードリー春日さん

ニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン」を聴いていると、「お笑いポポロ」の取材の話をされていました。どうもオードリーさんとは相性が・・・な雰囲気ですね(笑)仕事だから仕方ないか・・・まあ悩むとこですね。芸能人じゃなくてもそういう事はあるように思います。拒絶する方がいいこともあると思いますが、裏目に出る時もありますしね。

日本通運様がスポンサーに付いていただけたようですが、オールナイトニッポンのスポンサーがどんどん減ってる中で快調ですね。どんどんスポンサー様が増えていってほしいです。

男の強さについての春日さんの尊敬されたい話がありましたが、まあ、若林さんのおっしゃるとおりかもなあ。確かに強さに対しての憧れみたいなのは男には幾つになってもあるかもしれませんが、プロのアスリートとかなら別ですけど、普通の人に三十路超えてガツガツケンカ的な強さを自慢されてもダルいかもしれませんねえ。まあ、今の春日さんなら仕事で尊敬されるんじゃないですか。

そうか・・・ワールドカップで日本が負けたのは春日さんが見てたからか(笑)まあ、そんなことは無いでしょうけど、私も負けた試合しか見てないんだよなあ。勝ち負けには絶対何の関係も無いんですけどちょっと引っ掛かるものがあったりします(苦笑)

ダブルネームのジョーさんの手紙の話、ワールドカップが見たかったからおっしゃったんでしょうけど、若林さんのおっしゃることは正論だな。もらった手紙なんて人に見せるもんじゃないと思うんですけどね。

いきなり「ちょっとやめてくださいよ〜」って何のことかと思ったけど、ジングルの話だったんですね。別にいいんじゃない?チャットモンチーさんも怒りゃあしないでしょう。

春日体操配信ですか。盛り上がったらいいですね。生放送CM録りぐちゃぐちゃじゃないですか(苦笑)最初のはボケだったんでしょうか?テイク2以降は別に何回もやらなくても良かったんじゃない?なんか変なノリになってたような気がしたなあ。
新企画若林音頭?新しい企画が立ち上がるのはいいと思うんですけど、物売らんかな精神が旺盛なんじゃない?また出来たら配信で売るんでしょ。

「電話で全国調査」のコーナー、電話のリスナーさんに無理矢理感動してるって言わせてるじゃないですか(笑)声のかわいいリスナーさんでしたね。若林さんティーンのリスナーにSEXとか言わせるんじゃないよ(苦笑)。しかしどこまでしゃべらせるんだよ・・・なんか聴いててちょっとドキドキしました(笑)リスナーさんも付き合ってしゃべらなくてもいいのに(笑)ノリのいい人でしたね。仕事早いけど勝手にジングルにしてあげるなよ(苦笑)。

「どんだけ〜の小部屋」のコーナー、なかなか若林さん振り切れてますねえ。いい感じです。そういえば「アメフトの小部屋」ってもうやらないんでしたっけ?

福山雅治さん、また「蛍」強制フルぶっかけですか!!

ニッポン放送「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”」を聴こうとすると、いきなり「見なよ!!」って何かと思いました。サッカー見ながら放送ってなんなんですか(苦笑)まあ、いいですけど荘口さんのおっしゃる方が正論じゃないですかね。もしあの日に「魂ラジ」があったとしてもサッカー見ながらラジオは聞かないんじゃないかな?テレビをそれだけ見たけりゃラジオの方を録音しますよ。ベートーベンの霊をイタコ!?テレビ東京はパラグアイ戦の裏でそんな番組やってたの?

ワールドカップ日本VSパラグアイを見ずに「旦那さんとエッチしてました〜」・・・別に夫婦円満で良ろしおますけど、わざわざその日にせんでもええやないですか・・・告白で即ゴールはすごいですね。別に終わってから一緒に見られたんじゃ・・・ご両親の夫婦喧嘩の仲裁は災難でしたね。上手く仲裁出来たのでしょうか?別れ話で最後のエッチ!?・・・そんなんアリなの?解らんなあ・・・あの試合の時間に結ばれていた男女がたくさんいたんですね(苦笑)

福山さんの西郷吉之助のモノマネ・・・う〜ん、投獄かもしれないなあ(苦笑)。高橋克実さんの終わったラジオはいい感じの番組でしたよ。ゲストに来てほしいですね。
もちろんドラマなのでフィクションはあるとは思いましたが、「龍馬伝」ってそんなに史実と違うのかあ。恥ずかしながらそれは知らなかったなあ。
以蔵がボロボロになってひどい姿みたいな話がありましたが、事故とかでリアルにああなったんなら正視できませんが、メイクと解って見るならある意味カッコ良かったりもするんじゃないですか?
暗殺されてイチゴがポロポロポロはウケたなあ(笑)そう言えば昔小倉優子さんがうんこがどうこう言われて、お尻からイチゴが出るとかなんとか言ってたような。
「龍馬伝」の写真集いい感じみたいですね。でも乳首は別にどうでもいいだろ・・・
「魂の龍馬伝」オーディション・・・もうそろそろいいかも?って気がしてきました。ホントに厳選してる?

モノマネで消費されてしまう・・・ホントいろんなことに気を遣う人ですね(笑)でもそれはあるかもしれませんね。あんまりモノマネをやられすぎると「ああ福山か」って感じにはなるかもしれません。美人女優さんがモノマネするとカワイイよねっていう話、美人女優さんだからカワイイんだろ(笑)。

レグザプレゼントで当たったリスナーさんのお父さん・・・ラジオネーム「金太」って昔つボイノリオさんのラジオを聞いていたんでしょうか?(金太負けるな・・・「金太の大冒険」懐かしいですね)しかし奥さんも娘さんもラジオ聞いてたって面白いですね。プレゼントの豪華さに関してはニッポン放送どころか単独の番組としては全国トップクラスじゃないでしょうか?MBSラジオの番組でアクオスプレゼントっていうのがありましたが、南海キャンディーズの山里さんが自腹で購入してのプレゼントですから。

「魂リク」は今回は「ファイト!」でしたが良いですね。これも「The Golden Oldies」に入ってるんですね。

まだ「少年」も耳に新しいとこなのに、また次回「蛍」強制フルぶっかけですか。ファンの方には嬉しい連続ぶっかけですね。

フォーリンラブのオールナイトニッポンR

7月2日深夜のニッポン放送「フォーリンラブのオールナイトニッポンR」を聞きました。どのくらいラジオキャリアのある方々かは解りませんが、割と肩の力の抜けた感じの自然なラジオトークをされる芸人さんだなと思いました。芸人ラジオにしてはサラッとした感じもしましたが、素人が偉そうにいいますけど、いいんじゃないでしょうか。

2010年7月 3日 (土)

そんなにシモネタラジオがやりたいですか山里さん

6月30日深夜のTBSラジオ「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」を聞いていますと,先週のラブホテルからの放送が下ネタに走り過ぎたということを反省されていました。まあ、そういう体裁で下ネタに走りまくっていたのですが。

そうですか、山里さんが出した結論はそれなんですね。ストレートな下ネタをしゃべり続けることが“山里亮太の不毛な議論”なんですね。
だったらちょっと甘いと感じます。まだこの単語言ったらおまえら面白いやろレベルな下ネタかなと思います。もっとぶっ飛んだエロの方向性を考えて欲しいですね。あらゆるものをエロに昇華してしゃべっていただきたいです。そこがラジオの下ネタクリエイティブの見せ所だと思います。

わざわざ滝に打たれたりとお疲れさまですけど、なんか山里さんはラジオでしゃべる為にわざわざネタを作るという点で伊集院さん化してきたような気がします。言い回しとかもちょっと近い感じもしますし、私の思い込みかもしれませんが伊集院さんを目指しているのかなあ?山里さんは山里さんのカラーでいいと思うんですけどね。
たまたま7月2日の「小島慶子 キラ☆キラ」に山里さんが出演されているのを聞いたのですが面白かったです。MBSラジオ「まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」とかもそうですが、ピンでやってるのと話す相手がいるのとでは違うと思うのですが変に下ネタばっかり言わない山里さんのラジオの方が私は好きだなあ。

岡村さん復帰。やっぱり2人がいいですね。

7月1日深夜のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」で前週体調不良でお休みだった岡村さんが復帰されました。なんか最初の方はちょっと調子がつかめないような雰囲気を感じました。もう15年以上放送されているので、1週飛んだくらいでどうということも無いのでしょうが、なんとなくこちらの思い込みみたいなのものなのかもしれませんが、体調不良で休んでしまったことに引け目を感じていらっしゃったのかなあとか思ったりもしました。後半にはいつもの感じになっていたような気がしましたが、やっぱり「ナインティナインのオールナイトニッポン」は二人揃ってがいいですね。

番組本Vol.3は付録が付くそうですが、初の付録みたいな話でしたが、Vol.1・2のCDは付録じゃないのでしょうか?

2010年7月 2日 (金)

新曲「キミがいる」フルオンエア

ニッポン放送「いきものがかり 吉岡聖恵のオールナイトニッポン」を聴いていると、来週新曲のフルオンエアがあるらしいです。マスメディアで最初にフルで流れるんでしょうか?さすがにフルぶっかけとかは言わないんですね(笑)。

「テンションたかだ」のネタで「エレベーター止まっちゃったね」というのがありましたが、それで“テンションたかだ”になる?妄想の世界だなあ(笑)。

2010年7月 1日 (木)

小島慶子さんフリーに

フリー初日ということで、ほんの少しだけTBSラジオ「小島慶子 キラ☆キラ」を聞きました。ご本人の気持ち的には変わったところもあったんでしょうけど、聞いてる分にはいつもといっしょだなって感じでした。まあ、フリーになったからって急にエセFMDJみたいにはならないですよね(笑)

福岡だけフル

6月29日深夜はワールドカップの影響でTBSラジオ「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」が福岡だけフル放送でキー局TBSラジオその他では短縮放送になっていました。俗に言う“裏送り”っていうやつでしょうか。たまにそういうケースがありますが、どんな放送をしていたんでしょうね。3週連続の生放送になるようですが珍しいですね。

別にいいっちゃあいいんですけど、個人的に駒野選手のネタは勘弁してほしいな。ちょっと聞いていて嫌な感じがしました。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ