« ちょいと自由すぎじゃないかい? | トップページ | 福山雅治さんの新曲「蛍」宇宙初フルぶっかけ »

2010年7月10日 (土)

ザ・パンチ・パンチ・パンチ

ニッポン放送の土曜日早朝に「ラジオアーカイブ 発掘!ラジオ天国」という番組があります。タイトル名通り昔の音源を流して往時を偲ぶという趣の番組で、「オールナイトニッポンR」の後の番組なので少し聞いたりすることがあるのですが、いい歳のおっさんの私でも知らなかったり覚えていないくらいの世代の番組が多く、個人的には懐かしさはほとんど感じなかったりします。まあ、私は大阪育ちなので昔のニッポン放送の番組を知らないっていうのもあるんですけどね。鶴光さんのオールナイトくらいの頃の「オールナイトニッポン」のアーカイブだったら懐かしいんですが。

今回その中で「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」という番組の音源を流していました。ウィキペディア情報によると60年代後半から80年代初頭くらいの番組で女性パーソナリティだけでトークする、今で言うところのガールズトーク番組のようで、後に流行る文化放送の「ミスDJリクエストパレード」などの先駆け的番組だったとか。私は全く聞いた事の無い番組です。形だけでいうと今の番組なら「AKB48のオールナイトニッポン」とかMBSラジオ「飛び出せ!イマドキッ」みたいな感じでしょうか。
今回流れていたのは硬派なバージョンだったらしく、当時の時事問題を語っていた模様でしたが(この頃の番組って深夜の若者向け放送でもそういうテイストを加えるのも多かったみたいですね)、柔らかいトークや深夜ならではの下ネタテイストも盛り込まれていたようです。

これを聞いて、現在放送中のMBSラジオ「まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」の源流みたいな番組があったんだなあと興味を持ちました。「まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」は大阪ローカルの番組で、深夜2時から(ナイター中継の影響により時間変更あり)の東京スタジオからの生放送で、よゐこの有野さん、南海キャンディーズの山里さん、TKOさん、古瀬絵里さん、そして松本さゆきさん、岡田佑里恵さん、次原かなさんはじめ10人前後のアイドルパーソナリティが出演する、経費削減の嵐のラジオにおいて超深夜によくこんな番組が作れるなと思うような大人数の番組です。全国のラジオ番組を把握している訳ではありませんが、ちょっと他に無い番組だと思います。
この番組はMBSラジオの歴史的名番組「MBSヤングタウン」の流れを受け継いでいる番組なので、東京系の番組との直接的な関連は無いと思うのですが、女の子をたくさん集めてワイワイ話すという発想の番組が半世紀近い前にもあったんですね。まあ、後におニャン子クラブとかオールナイトフジとかソレ系の企画はたくさん出てくるのですが。

「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」の説明の中で、最初は女性10人でやろうという企画だったそうですが、ラジオで10人はガチャガチャになるという事で最終的に3人に落ち着いたそうです。まあ、ふつう10人も出演者がいたらそうなるでしょうね(笑)。ただ、MBSラジオの他人数番組は上手くハマるとけっこうガチャガチャならないんですよね。個人的に制作サイドとメインパーソナリティに「ヤンタン」以来の何か伝統のノウハウがあるのかな?と思ったりします。一度にしゃべらないようにする番組構成とか、それだけの人数に話を振るメインパーソナリティのテクとか(よゐこさんがこれ上手いんですよね)、やり方次第ではワイワイ感を持たせつつガチャガチャならない、独特の楽しい雰囲気の放送になると思います。

この「まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜」、大阪以外の局でもネットしないかなと思います。出演者的にも全国でもいけるような気がするんですけどね。大阪ローカルではもったいないと感じます。TBSラジオで3時〜4時だけでもどう?とか思ったりします(生放送では途中からの放送になるので番組構成が難しいか?)。どうせ赤坂のスタジオから放送しているんだから。

« ちょいと自由すぎじゃないかい? | トップページ | 福山雅治さんの新曲「蛍」宇宙初フルぶっかけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・パンチ・パンチ・パンチ:

« ちょいと自由すぎじゃないかい? | トップページ | 福山雅治さんの新曲「蛍」宇宙初フルぶっかけ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ