« ホストのバイト!? | トップページ | 生電話出ませんね »

2010年9月 4日 (土)

開局60周年記念のヤングタウン

2日の開局60周年記念「ヤングタウン」スペシャルは、ばんばひろふみさんとイルカさんがパーソナリティでした。スペシャルゲストが出ると聞いていましたが、これがびっくりの谷村新司さんでした。やっぱりバンバンさんが出るならチンペイさんが出ないとね。

イルカさんのヤンタンは私にとって非常に思い出深い番組です。内容のほとんどは昔過ぎて忘れていまして、沢田聖子さんや桂べかこさん(今の桂南光さん)とやってたというのも記憶にありませんでしたが、このイルカさんのヤンタンが私が初めて聞いた深夜放送でした。新しく買ってもらったラジカセを適当にイジっていたら流れてきたのがイルカさんの声でした。当時でも有名歌手でしたが、子供の私には誰なのかも解りませんでした。声がかわいいなあというのと、しゃべっている内容が今までに聞いた事が無いような感覚の話で“何だコレ?”と思ったのを覚えています。私にとってはイルカさんの声が深夜ラジオの原点です。

谷村さんとばんばさんのコンビは過去にも幾度か復活放送がありましたが、当時の「ヤングタウン金曜日」は本当に人気があってよく聞かれていました。今でもラジオ好きでも何でも無い大阪の同世代の人とラジオの話題で盛り上がれる数少ない番組です。
ただ、非常によろしくない表現なのですが、最近の谷村さんの話は、好きな方には興味深いんでしょうけど辛気くさいんですよね。今回は空海の話じゃなくて放送当時のバカ話をもっと聞きたかったな。全般的にこの放送は落ち着き過ぎな気がしました。ヤン金らしい下ネタも少なかったし。曲もばんばさんの「速達」はかかりましたが、谷村さんの曲は「チャンピオン」じゃなくて「22歳」をかけましょうよ。この曲が谷村新司さんのヒット曲とされているのは、少なからずドラゴン作戦のおかげだと思いますよ。

今回のヤンタンの復活放送は、懐かしくて良かったんですけど、ちょっと物足りないところがありました。
ひとつには当時の音源を流してほしかったこと。イリアさんのロマンスボイスで少しありましたが、トーク部分を聞きたかった。リスナーの思い出も、今の声じゃなくて当時の声の中にあるのですから。それと出来るだけ当時のメンバーでやってほしかったです。さんまさんのところの藤本美貴さんは現役メンバーだから出演されていて全然いいんですけど、今回は昔のメンバーでよかったんじゃないでしょうか。原田伸郎さんのところはそこが良かったです。

放送を聞きながら「オールナイトニッポン」の40周年特番を思い出していました。「MBSヤングタウン」は大阪のラジオ好きにとっては「オールナイトニッポン」以上の深夜放送の大ブランドです。MBSラジオにとってもその存在は小さくは無いと思いますが、個人的にはちょっと違和感がありました。それは比較的新しいヤンタンをほとんど扱わなかったこと。

さんまさんや鶴瓶さんのところでは今の放送も扱っていたのですが、それは現行の放送の枠でやれば良かったんじゃないかと思います。そうすればあと2枠復活放送が出来たのではないでしょうか。「オールナイトニッポン」の40周年特番で個人的に好感を持ったのはaikoさんのオールナイトニッポン等、比較的近年の放送についても扱っていたことでした。それは「オールナイトニッポン」が終わった番組ではなく、今も続いている番組である事を示しているように私は感じました。それに対して「ヤングタウン」は形式的には続いていますが、終わった番組のように感じられました。復活放送で語られていた70年代や80年代だけでなく90年代にもヤンタンは放送されていたんです。つんくさんの話題は出ていましたが、ダウンタウンさんやよゐこさん、ジャリズムさんやSOPHIAの松岡さん、種浦マサオさんなどのヤンタンが青春だったというリスナーさんもたくさんいるはずです。少しそこにスポットを当てて欲しかった。

MBSラジオが平日の「ヤングタウン」を終わらせた真の理由は単なるリスナーの私には解りませんが、なんとなく終わっても仕方がないなという気は終了近辺の放送を聞いていて思っていました。だから平日の「ヤングタウン」を終わらせたことが誤った選択だったとは思いませんが、今にして思えば「オレたちやってま〜す」や「ゴチャ・まぜっ!」、「MBSサウンドキングダムー音楽王国ー」を「ヤングタウン」として続けても良かったようにも思います。
ニッポン放送では深夜に「オールナイトニッポン」の名を冠する番組が近年増えています。「オールナイトニッポン」の名前にいつまでもしがみついているという人もいますが、私はニッポン放送にとって「オールナイトニッポン」というブランドはそれだけ大きな存在だということなのではないかと感じています。それはリスナーにとっても同じじゃないかと思います。その歴史の中から、城田優さんや吉岡聖恵さんなど若い新しい魅力あるパーソナリティが出て来ています。時代は変わるし、ラジオをとりまく状況も変わっているので仕方ない面もありますが、「ヤングタウン」も大阪のラジオ好きにとっては「オールナイトニッポン」と同じような存在なのに、もはや歴史は途絶えてしまったかのような感もあるのがなんとなく寂しかったりします。

« ホストのバイト!? | トップページ | 生電話出ませんね »

コメント

よゐこさん、SOPHIAの松岡さんの頃

聴いていました。

あと、土曜日の玉井健二さんも印象に

残っています。

MAKOTOさんコメントありがとうございます。
そう言われれば玉井さんも出て欲しかったですね。ヤンタンがかつての輝きを失いかけていたあの頃に頑張っていたパーソナリティとリスナーにも、もう少しスポットを当ててほしかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開局60周年記念のヤングタウン:

« ホストのバイト!? | トップページ | 生電話出ませんね »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ