« 帰京 | トップページ | 緊急地震速報 »

2011年3月22日 (火)

「Dig」が東北放送で

会社帰りにTBSラジオ「Dig」を聞いていますと、22日の放送から東北放送での放送が再開されたそうです。このことは被災地の方々にとってどう受け止められるのでしょうか。ほんの少しでも日常が戻ったと捉えられているのであればいいなと思います。

計画停電の影響を考慮して自家発電での放送だったそうで、停電が無くなったということで自家発電から通常の送電による電力切り替えが放送中に行なわれたのですが、放送が途切れるということでした。通常では放送事故になりそうな事ですが、1分程度という話でしたが、体感ではもっと短く感じました。意外に早く切り替わるものですね。

原発事故についての話があったのですが、神保さんが現状の危険性についてその重大さが正しく伝えられていないというようなことをおっしゃっていました。東京では恋人達が外でよろしくやっているというような事も。私は原子力関係の技術者でもないし、学んだことも無いので、神保さんのように深い見識は持っていないので事の重大さを理解していない馬鹿者かもしれませんが、ちょっと聞いていて腹が立ってきました。東京都民は不安を感じていないとでもいうのかと。現実を認識しない阿呆が多いとでも言いたいのかと。皆不安を感じていると思います。最悪の事態なんていくらでも容易に想像出来ると思います。崎山記者の現段階ではマスクは必要無いと思うといった意味の言葉の方が力強く感じました。楽観視し過ぎと言われるかもしれませんが、今日明日だけの話ではないので。個人的には今は公的機関からの数値を信じようと思います。自分では調べられないですから。結局は自己責任の部分もあるし。神保さんはマスコミや政府の報道について物申したかったのでしょうが、私は少し違った捉え方をしました。
東京生まれの人が言っていました。自分たちは逃げる所が無いのだからと。不安を感じながらも皆仕事をしていると思います。会社が営業している限り営業マンは外に出て歩き回らなければいけません。危険性を説くのは大切なのでしょうが、言い方みたいなものはあるように思いました。崎山記者の話にはいら立ちは感じませんでしたから。

昨夜のニッポン放送「大宮エリーのオールナイトニッポン」を聴いていましたが、リスナーと同じ目線で会話するようにしゃべっているエリーさんがいいなと思いました。現実から目を背けていると言われるとしても、危機感をグサグサ突き刺されるよりは、聞いていて心地よくは感じますね。

« 帰京 | トップページ | 緊急地震速報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Dig」が東北放送で:

« 帰京 | トップページ | 緊急地震速報 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ